menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

【注意】腕を振れなくなってしまう「間違った7つの教え方」

【注意】腕を鋭く振れなくなってしまう「間違った7つの教え方」とは?

 

■スローイングの指導の中で

 最も間違いが多いのが

「腕の使い方」に対する指導法

 

・速いボールを投げる

・キレや伸びのあるボールを投げる

・針の穴を通すようなコントロールを身に付ける

 

これらを体得するためには、

腕をスムーズ且つ、鋭く振ることは必要不可欠です。

 

腕を鋭く振ることができなければ速いボールは投げられませんし、

腕の動きに余計なモーションが入ったり、スムーズに腕を振れなければ

コントロールにもバラつきが出てしまいます。

 

ですので、できる限り、腕の振りを妨げる間違った教え方は選手には指導せずに

腕を鋭く、スムーズに振れることだけを教えてあげることが最短で上手くなっていけるベストな方法だと思います。

 

ですが、この「腕の使い方」に対する教え方が

実は、指導の中で最も間違いが多いのです。

 

例えば、

 

・肘を上げて投げる

 

・肘の角度は●●度を意識して投げる

 

・テイクバック時やトップのときに手首を返して投げる

 

・腕の内旋、外旋を意識して投げる

 

ネットでの情報や指導の現場でもよく耳にする言葉ですが、

実はこれらの教え方は全て、

腕をスムーズ且つ、鋭く振ることを妨げる教え方なのです。

 

 

なぜ、上記の教え方が間違った教え方なのか?

上記の4つの例を含めた、計7種類の腕の振りを妨げる教え方を公開中です。

 

この動画が野球上達のお役に立てれば幸いです。

 

 

コチラの動画をご覧ください↓

 

 

Logical Motion Baseball DVD 1月23日(木)18時~発売開始

DVDの詳細はこちら

 

関連記事

  1. 【注意】スムーズな体重移動を妨げる「2つの教え方」

  2. 松尾祐介(まつおゆうすけ)

    バッティングの「タメ」と「カベ」

  3. 【審判ジャッジ】①守備妨害

  4. 川村卓(かわむらたかし)

    野球指導にも順序がある

  5. 榊原貴之(さかきばらたかゆき)

    腕を大きく使って投げてしまう選手に足りないものとは?

  6. 榊原貴之(さかきばらたかゆき)

    同じ練習をしても上手くなるスピードに差が出る原因

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る