menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
  4. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」
  5. 【質問】バッティングの「体の開き」を直す練習方法を教えてください
  6. 【質問】気分が乗ってこない子供にどのように接すればいいですか?
  7. リラックスしてプレーする簡単なコツ
  8. 投げるときの「腕の上げ方」について
  9. 「体の開き」と「踏み出し幅」の関連性について
  10. 突っ込み打ちを改善し、スイングに力強さを出す方法
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

カテゴリー:メンタル

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】子供が小学5年生で投手をやっています。球は遅いのですがチーム内でコントロールが良いからとのことで行…

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】いつも適切なアドバイス指導ありがとうございます。&nbsp…

【質問】こんにちは。子供が小学5年生で投手をやっています。球は遅いのですがチーム内でコントロールが良いからとのことで行う機会が多かったのですが、最近はそのコントロールもばらばらになってきました…

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】ピッチングに関してはコントロールもよく、そこそこですが、1.上位打線には強いが下位打線にフォアボールを与える。ヒットを…

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】同じ中学で新チームのキャッチャーの子がどうもイップスになってしまってるようです。近いところに投げる…

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】はじめまして、楽しく拝見させていただいています。早速ですが、子供は5年生で、リ…

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】小学校3年生の息子を持つ親父ですが、私自身も小学校から野球をはじめ大学まで硬式をしていました。今も…

教材購入の方からこのような質問をいただきました。 【質問】 6年生の息子がシーズンを終えて、学童野球が終わりました。 &nbs…

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】同じ中学で新チームのキャッチャーの子がどうもイップスになってしまってるようです。近いところに投げる…

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】試合があり、いつもは、ファーストを守ってますが、セカンドの子が体調不良で欠場したので、セカンドで出ました。…

さらに記事を表示する
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは! 一気に寒くなってきましたねぇ。 体調、大丈夫ですか?…
  2. 下記のような ご質問・ご相談をいただきました。 ----------…
  3. 今日は、ライバルと同じ練習しても 上達スピードに差をつける方法をシェアしますね!!…

おすすめ記事

  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
ページ上部へ戻る