ボールに力が伝わらない人の特徴は、お腹にあった??

お父さんのための野球教室のブログをご覧の皆さんこんにちは!

京都市北区にあります、MORIピッチングラボ代表の森です。

今回も、野球のピッチングにおけるヒントやコツをお伝えします。

今回のテーマは「お腹を使って投げる」です。

お腹で投げるということは、支点を作る軸を作ると言い換えることもできます。

ボールを投げる際に、「腰が抜けている」と言われたり、「体幹が安定していない」と感じたりすることはありませんか?

そのような方は、しっかりとお腹を使って投げることが出来ないケースが多いです。

お腹を使った投げ方とは?

体幹の軸と後ろ足の軸が一直線になっていると、「お腹を使えている」状態です。

お腹で投げる感覚が身につくと、

  • 下半身の力を上半身、指先へと伝えることができ、強いボールになる
  • 体幹が安定することで、コントロールが良くなる

といった効果が感じられると思います。

お腹が使えないとどうなる?

お腹を使えていない投げ方というのが、体幹の軸と後ろ足の軸がずれて、くの字になっています。

これは、「お腹を使えていない」状態です。

お腹の力が抜けた状態では、

  • 球速の低下
  • コントロールの悪化

といったデメリットがあります。

それに加えて、「リリースポイントの位置が下がる」ことにもつながってしまいます。

お腹を使うために意識したいポイントとは?

お腹を使った投げ方にするために気を付けるべきポイントは、踏み込み足の股関節で支点を作れているか?

ここに注目です。

これが出来ていると、自然と2つの軸(体幹と後ろ足)が一直線になります。

出来ていないと、点がぶれてしまうため、体がくの字に折れてしまいます。

踏み出し足の股関節に支点を作る方法は、以前のブログで紹介しているので参考にしてください。

お腹を使えているか確認しましょう

では実際に、「お腹を使う感覚」を自分自身で確かめてみましょう。

可能な方は、ボールを投げて練習することをお勧めします。

両足を開いて立ち、下半身を安定させます。

お腹に手を当て、腰をくの字にしてボールを投げてみましょう。

次に、お腹に手を当て体の軸が折れ曲がらないように、まっすぐのまま投げてみましょう。

片足を上げて、試してみるのもいいでしょう。

どちらの方が、お腹に力が入りましたか?

おそらく、体をまっすぐのまま投げた時の方が、お腹に力が入りやすかったはずです。

つまり、下半身と上半身の軸を一直線にそろえた方が、お腹に力が入りやすいということです。

前傾姿勢とくの字は全く違う

とくにピッチャーの場合、重心移動をして投げる時には前傾姿勢になりますよね?

前傾姿勢になっても、2つの軸(体幹と後ろ足)の一直線を保つことがとても重要です。

まとめ

今回は「お腹を使って投げる」についてお話しました。

お腹を使えると、体が安定して強いボールを投げられることが、理解できたかと思います。

ポイントとして、踏み込み足の股関節に支点を作ることが大切だと説明しました。

練習から意識をして、パフォーマンス向上につなげていきましょう!

今なら、たったの980円(税込)で少年野球の専門家があなたのお子さんのバッティングをチェックして丁寧にアドバイスします

この記事を書いた人森洋人森洋人
鹿児島県沖永良部島出身
鹿児島樟南高校で甲子園出場
京都市北区北野白梅町で、もり鍼灸整骨院を運営する傍ら、ピッチングラボを開設。
野球専門治療に始まり、ピッチングの指導を行う。
これまで全国3000人近くの選手や子供たちの指導に携わる。
ピッチングラボでは、野球で肩や肘を壊すことなく、長く野球を楽しんでもらうためのサポートをおこなっている。
MORIピッチングラボ代表
もり鍼灸整骨院 院長

関連記事一覧