【少年野球】ピッチング・早い開きを1日で修正する方法

質問を頂きました!

お父さんのための野球教室の長田です。

お父さんコーチから、ご質問頂きましたのでお答えしたいと思います。

質問内容は、小学5年生の息子のピッチングに関してですが、コントロールが不安定です。

いいピッチングが出来る日と出来ない日があり、投げてみないとわからない状態です。

野球未経験の私から見ても身体の開きが早くて、すっぽ抜けるボールが多いと感じます。

身体の開きを抑える方法はないでしょうか?

というご質問でした。

1日で体の開きを修正する方法

ご質問にお答えします。

今回は1日で出来る身体の開きを修正する方法をご紹介します。

小学生の低学年でも出来る方法ですので、安心して行っていただけたらと思います。

その方法は、右投手の場合で説明すると、

・右の股関節を左足を着地するギリギリまで打者に見せない

これだけです。

ここだけに、意識を集中させて投げるようにアドバイスしてください。

ポイントは、たった1つ。

『右の股関節を左足を着地するギリギリまで打者に見せない』この1点です。

お父さんは、ここだけに集中してください

選手にアドバイスをしたら、それが例え小学生であろうが、年棒何十億の選手であろうが、「あること」が出来なければ、それはコーチとは言えないと私は考えています。

その「あること」とは、観察です。

観察ができれば評価ができます。

やろうとしていることが出来ているか、方法は間違っていないかのチェックですね。

選手に言いっぱなしでは、選手は自分が修正出来ているかどうかもわかりませんし、そもそも身体の開き自体を気にしていないケースもありますから。

よく観察してあげてください。

その日は1日しっかりと見続けるくらい。

観察は見守りです。

目指すゴールから大きく外れないように、見守ってあげてください。

今回は、右の股関節が左足の着地ギリギリまで打者から見えないかどうか、その1点を続けてください。

まとめ

早い開きを1日で修正する方法、いかがでしたでしょうか?

実際1日かからないと思います。

ただ、選手は忘れやすいので、見守り続けることを忘れずに修正に取り組んでいただけたらと思います。

今回は、ピッチング・早い開きを1日で修正する方法でした。

人気動画チャンネル登録すべき少年野球指導YouTube

お父さんのための野球教室初月無料キャンペーン


この記事を書いた人長田真樹長田真樹

お父さんのための野球教室担当。
手塚一志の上達屋、大阪道場長を歴任、小学生からプロ野球選手2,000人以上のパフォーマンスアップに貢献。
2011年~2021年、京都学園大学・京都先端科学大学硬式野球部コーチを歴任、リーグ優勝・全日本大学選手権大会・明治神宮大会出場。
現在も学童野球から高校野球までを幅広く指導。
中学校野球部の息子を持つ現役お父さんコーチとしても日々奮闘中。

関連記事一覧