menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

球がお辞儀する経験はないですか?

お父さんのための野球教室の桜井です。

低めに全くキレがなく、
疲れているわけでもないのに、
球がダランと垂れ下がり、
捕手のミットもドスンと下がる。

で、ここでほとんどの失敗する
投手がよくやるのが、

手首を効かせたり、腕を振ったり、
腕で球に回転を与えようとする。

でも、それをやると
余計にボールはお辞儀します。

大砲の先をむりやり折り曲げる感じ
と言えば伝わりますか?
それじゃ全く勢いがなくなる。

だから考えなくてはいけないのは、

「なぜ大砲の先が真っすぐ低めに
向かないのか?」です。

利き腕の肩が下がっていないか?

軸足が折れていないか?

グラブを上げ過ぎていないか?

大砲の先が高めに向いてしまう
原因を探さなくてはいけません。

でも試合中に、あれこれ原因を
探しているうちに
フォアボールになっても困る。

そこで応急処置的に使える
テクニックがこれ。

「ショルダーチルト」

簡単に言えば、
肩を傾けて投げるということ。

普通は足を上げて踏み出して…
というように、下半身から動かします。

でも、この投げ方は違います。

足を上げたら、グラブを持つ肩を
先頭にしてキャッチャー方向に
体を傾けていく(倒れていく)。

すると、目線と力の方向が上から
下に向かうので、大砲の先が
自然と低めに向くわけです。

でもデメリットもあります。

極端に倒し過ぎると、
テイクバックした腕が上がりにくくなり、
逆に高めに浮くこともあります。

なので、足を上げてグラブ側の肩を
キャッチャーに近づける程度の
感じで十分です。

投球フォームを大きく変える必要
もなく、すぐにできるテクニックなので、

低めのボールがお辞儀する、
あるいはボールが浮いてきたとき、
試してみてください。

関連記事

  1. スローボールの使い方はふたつある

  2. ピッチングの球数も計画的に

  3. 軸足のひざが落ちてしまう原因

  4. ピッチングの体重移動は、体重を乗せてから体を捻る

  5. 投球の力みをなくして進化させるコツ

  6. ピッチャーの練習を始める低学年の子供の練習メニュー

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る