menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. なぜ同じ方向にばかり打球が飛ぶのか?
  2. 水1日2リットル飲むと痩せる説
  3. 【こんなとき子どもに何て言いますか?】
  4. 誰も知らない大学野球3 ~大学野球のルール~
  5. 結果を出している指導の共通点
  6. 自分の体に合った靴を履いてますか?
  7. 誰も知らない大学野球3~大学野球の歴史のお話~
  8. 「今頃かよ!」 今、そんな気持ちです。
  9. 誰も知らない大学野球2
  10. 肩の力みを取るカンタンな方法
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

小学生と中学生以上の「教え方の違い」とは?

こんにちは!


お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!


いつも愛読頂きありがとうございます。


今日は、小学生と中学生以上の
指導の違いについて話しますね!


この違いは、脳の学習方法の違いが、
指導の違いになります。


どんな違いかと言うと、
人間は12歳頃まで
「モノマネ学習」をして、

13歳頃から「イメージ学習」に変わる
と言われています。


どういうことかと言うと、
12歳頃までは

「言われたことを
 イメージ化(映像化)できない」

そのため、
「見ることで学習する」ということです。


なので、小学生には話だけでなく、
指導するときは「見せる」ことが
大切だということですね!


12歳頃までと書きましたが、
選手によっては13歳まで
モノマネ学習の選手もいるでしょう。


あくまでも基準なので、
小学生や中学1年生を指導するときは、

言葉より、できる限り映像やお手本を
見せることをオススメします。

良いお手本はコチラ↓
https://rs39.net/c/bb/cbwk_1/bl/


今日も最後まで
お読み頂きありがとうございます!


あなたの教え子さんや
お子さんが瞬達するよう応援してます!

関連記事

  1. 内角、外角の投げ分け

  2. 【選手が夢中になるバッティング練習メニュー】

  3. 大会前1週間の調整パターンとは?

  4. 体を大きく使う感覚を身につける

  5. 「もう立てない」というぐらいまで体を使いきれるか?

  6. “クイック“という言葉に惑わされてはいけません。

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは!野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今、各地で春の選抜に向けた大会…
  2. こんばんは。お父さんのための野球教室の桜井です。さて、ダイエット&ヘルスのために…
  3. こんにちは!野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!この1週間以内に北海道の士別か…

おすすめ記事

  1. なぜ同じ方向にばかり打球が飛ぶのか?
  2. 水1日2リットル飲むと痩せる説
  3. 【こんなとき子どもに何て言いますか?】
ページ上部へ戻る