menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【質問】緊張しないためには、どうすればいいですか?
  2. 【足が速くなる瞬速エクササイズ】
  3. 「タイミングがうまくとれない…」とお悩みの方へ
  4. ユーモアを使って伝説の一打を打つ方法
  5. 小学生と中学生以上の「教え方の違い」とは?
  6. 子どもの運動不足を解消する仕掛け
  7. 【肩甲骨がよく動くようになるエクササイズ】
  8. 【質問】小学校のチーム選びについて
  9. 【タイプ別ピッチングの左腕の使い方】
  10. 【ストレッチの効果を10倍にする方法】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

小学生と中学生以上の「教え方の違い」とは?

こんにちは!


お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!


いつも愛読頂きありがとうございます。


今日は、小学生と中学生以上の
指導の違いについて話しますね!


この違いは、脳の学習方法の違いが、
指導の違いになります。


どんな違いかと言うと、
人間は12歳頃まで
「モノマネ学習」をして、

13歳頃から「イメージ学習」に変わる
と言われています。


どういうことかと言うと、
12歳頃までは

「言われたことを
 イメージ化(映像化)できない」

そのため、
「見ることで学習する」ということです。


なので、小学生には話だけでなく、
指導するときは「見せる」ことが
大切だということですね!


12歳頃までと書きましたが、
選手によっては13歳まで
モノマネ学習の選手もいるでしょう。


あくまでも基準なので、
小学生や中学1年生を指導するときは、

言葉より、できる限り映像やお手本を
見せることをオススメします。

良いお手本はコチラ↓
https://rs39.net/c/bb/cbwk_1/bl/


今日も最後まで
お読み頂きありがとうございます!


あなたの教え子さんや
お子さんが瞬達するよう応援してます!

関連記事

  1. 投球フォームは小学生の腕に負担のかかる?毎日投球練習はどうすれば…

  2. 上体が突っ込むのを抑えるために必要なポイントとは?

  3. “クイック“という言葉に惑わされてはいけません。

  4. 投球時に確認してほしい3つのポイント

  5. 左足の膝とつま先が開く原因

  6. テイクバックは「小さい」「大きい」どちらが良いのでしょうか?

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!(株)RealStyleお父さんのための野球教室事務局の沢村です。…

おすすめ記事

  1. 【質問】緊張しないためには、どうすればいいですか?
  2. 【足が速くなる瞬速エクササイズ】
  3. 「タイミングがうまくとれない…」とお悩みの方へ
ページ上部へ戻る