menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

小学生と中学生以上の「教え方の違い」とは?

こんにちは!


お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!


いつも愛読頂きありがとうございます。


今日は、小学生と中学生以上の
指導の違いについて話しますね!


この違いは、脳の学習方法の違いが、
指導の違いになります。


どんな違いかと言うと、
人間は12歳頃まで
「モノマネ学習」をして、

13歳頃から「イメージ学習」に変わる
と言われています。


どういうことかと言うと、
12歳頃までは

「言われたことを
 イメージ化(映像化)できない」

そのため、
「見ることで学習する」ということです。


なので、小学生には話だけでなく、
指導するときは「見せる」ことが
大切だということですね!


12歳頃までと書きましたが、
選手によっては13歳まで
モノマネ学習の選手もいるでしょう。


あくまでも基準なので、
小学生や中学1年生を指導するときは、

言葉より、できる限り映像やお手本を
見せることをオススメします。

良いお手本はコチラ↓
https://rs39.net/c/bb/cbwk_1/bl/


今日も最後まで
お読み頂きありがとうございます!


あなたの教え子さんや
お子さんが瞬達するよう応援してます!

関連記事

  1. 低めの球に力がない理由

  2. ステップの位置と球速の関係

  3. 小学生の「タイミングのとり方」について

  4. 丁寧にキャッチボールをする

  5. 投球時の腕のしなりについて

  6. 「手打ち」を改善するには・・

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る