menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 阪神タイガースの効率的な練習がこれ
  2. 【現状維持を味方にする方法】
  3. 【2020レギュラーになる君へ18の言葉(後半)】
  4. 【やる気満々だと続かない】
  5. 【なぜスシローなのか?】
  6. 【飛距離も伸びる打率アップ練習法】
  7. 【完璧主義ではないですか?】
  8. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  9. お茶をすするヒマがない理由
  10. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

小学生と中学生以上の「教え方の違い」とは?

こんにちは!


お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!


いつも愛読頂きありがとうございます。


今日は、小学生と中学生以上の
指導の違いについて話しますね!


この違いは、脳の学習方法の違いが、
指導の違いになります。


どんな違いかと言うと、
人間は12歳頃まで
「モノマネ学習」をして、

13歳頃から「イメージ学習」に変わる
と言われています。


どういうことかと言うと、
12歳頃までは

「言われたことを
 イメージ化(映像化)できない」

そのため、
「見ることで学習する」ということです。


なので、小学生には話だけでなく、
指導するときは「見せる」ことが
大切だということですね!


12歳頃までと書きましたが、
選手によっては13歳まで
モノマネ学習の選手もいるでしょう。


あくまでも基準なので、
小学生や中学1年生を指導するときは、

言葉より、できる限り映像やお手本を
見せることをオススメします。

良いお手本はコチラ↓
https://rs39.net/c/bb/cbwk_1/bl/


今日も最後まで
お読み頂きありがとうございます!


あなたの教え子さんや
お子さんが瞬達するよう応援してます!

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 投手の体格

  2. ステップの位置と球速の関係

  3. フォーム修正をするときは「この骨」を観てください

  4. 投げるときの「腕の上げ方」について

  5. 正しくボールを投げる練習法

  6. ユーモアを使って伝説の一打を打つ方法

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. お父さんのための野球教室の桜井です。毎年2月、僕は沖縄へ行く。というか、連れていかれ…
  2. こんばんは。お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。初詣、参拝待ちで並んでいた時のことなんですけどね…

おすすめ記事

  1. 阪神タイガースの効率的な練習がこれ
  2. 【現状維持を味方にする方法】
  3. 【2020レギュラーになる君へ18の言葉(後半)】
ページ上部へ戻る