menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【足を速くして捻挫を防ぐ方法】
  2. 誰も知らない大学野球
  3. 【解決法】高校野球ピッチャーの連投問題
  4. メディアが報じない大船渡高校の本当の敗因
  5. 【99%の指導者が知らないウォーミングアップのふたつの目的とは】
  6. 捕球レベルをワンランク上げるコツ
  7. 2019オリックス・バファローズ公式戦ビジターゲーム「親子観戦ペアチケ…
  8. 野球では“この体勢”が最強です!
  9. 「バットの芯ってどこ?」と聞かれたら…
  10. 「バットを鋭く振る体の使い方【末端を動かす】」
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

【脱力のコツ】

こんばんは!

お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!


先日、佐賀県で瞬達塾のため行ったんです。


佐賀なので「あったかいだろうなぁ」
と思って行ったら、雪でした(^-^;


今日は、脱力のコツを紹介しますね!


これは、イチロー選手が
大きなヒントをくれてます。


「肩の力を抜くには、膝の力を抜けばいい」


とイチロー選手が
おっしゃってるのをご存知ですか?


そうなんです。


膝の力を抜けば脱力できるんです。


でも、私が見てきた99%の選手は
バッティング、ピッチング、走塁、
守備の構えで膝に力が入ってしまってる^_^;


力んでるってことは
脱力することは厳しいですねぇ。


では、どうしたら膝の力を
抜くことができるのか?


それは、膝カックンすればいいんです(^o^)


膝カックンすれば、
膝に力は入りませんから。


これができるとバッティング、ピッチング、
守備、走塁の一歩目がスッゴク良くなります。


試してみてください!!


ただ、膝カックンにはコツがあるんです。


ちゃんと膝カックンしないと
膝の力は抜けていても、

リラックスしてるのではなく、
フニャフニャになってるだけで

持ってる筋力を発揮するのは厳しいことは
覚えておいてくださいね。


今日も最後までお読み頂き
ありがとうございますm(__)m


あなたの教え子さんや
お子さんが瞬達するよう応援してます!

http://www.mlritz.com/link/113/1/30/97/

関連記事

  1. ランナーにスタートしにくいなと思わせるために

  2. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください

  3. オーバースローとスリークォーターの怪我のリスク

  4. 【バッティング】緩急に翻弄されないための「3つの思考」とは?

  5. 未経験を都合よく利用し、子どもを上達させる方法

  6. 打球への恐怖感を軽減する考え方とは?

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは!野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!花咲徳栄さんが初戦を勝てませんでした。…
  2. こんにちは、お父さんのための野球教室事務局の長田です。今日は、大学野球についてです。…
  3. こんばんは。お父さんのための野球教室の桜井です。ものすごく暑いのに炎上です。大船…

おすすめ記事

  1. 【足を速くして捻挫を防ぐ方法】
  2. 誰も知らない大学野球
  3. 【解決法】高校野球ピッチャーの連投問題
ページ上部へ戻る