menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

【脱力のコツ】

こんばんは!

お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!


先日、佐賀県で瞬達塾のため行ったんです。


佐賀なので「あったかいだろうなぁ」
と思って行ったら、雪でした(^-^;


今日は、脱力のコツを紹介しますね!


これは、イチロー選手が
大きなヒントをくれてます。


「肩の力を抜くには、膝の力を抜けばいい」


とイチロー選手が
おっしゃってるのをご存知ですか?


そうなんです。


膝の力を抜けば脱力できるんです。


でも、私が見てきた99%の選手は
バッティング、ピッチング、走塁、
守備の構えで膝に力が入ってしまってる^_^;


力んでるってことは
脱力することは厳しいですねぇ。


では、どうしたら膝の力を
抜くことができるのか?


それは、膝カックンすればいいんです(^o^)


膝カックンすれば、
膝に力は入りませんから。


これができるとバッティング、ピッチング、
守備、走塁の一歩目がスッゴク良くなります。


試してみてください!!


ただ、膝カックンにはコツがあるんです。


ちゃんと膝カックンしないと
膝の力は抜けていても、

リラックスしてるのではなく、
フニャフニャになってるだけで

持ってる筋力を発揮するのは厳しいことは
覚えておいてくださいね。


今日も最後までお読み頂き
ありがとうございますm(__)m


あなたの教え子さんや
お子さんが瞬達するよう応援してます!

http://www.mlritz.com/link/113/1/30/97/

関連記事

  1. 「体重移動」を効率的に体得する方法

  2. ピッチングマシンになる方法

  3. ボールへの恐怖心を0近づけるためには…

  4. 【質問】バッティングの「体の開き」を直す練習方法を教えてください…

  5. バットを買うタイミングについて悩んでいます。

  6. タメとスライダー回転の関係について

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る