menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. コントロールが良くなる「3ステップ」
  2. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
  3. お子さんが積極的に練習する「言葉かけ」について
  4. スピードが先か?コントロールが先か?
  5. 2019春休み野球教室開催(3月27日)
  6. 【選手が夢中になるバッティング練習メニュー】
  7. 「体重移動」を効率的に体得する方法
  8. 【質問】緊張しないためには、どうすればいいですか?
  9. 【足が速くなる瞬速エクササイズ】
  10. 「タイミングがうまくとれない…」とお悩みの方へ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

【脱力のコツ】

こんばんは!

お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!


先日、佐賀県で瞬達塾のため行ったんです。


佐賀なので「あったかいだろうなぁ」
と思って行ったら、雪でした(^-^;


今日は、脱力のコツを紹介しますね!


これは、イチロー選手が
大きなヒントをくれてます。


「肩の力を抜くには、膝の力を抜けばいい」


とイチロー選手が
おっしゃってるのをご存知ですか?


そうなんです。


膝の力を抜けば脱力できるんです。


でも、私が見てきた99%の選手は
バッティング、ピッチング、走塁、
守備の構えで膝に力が入ってしまってる^_^;


力んでるってことは
脱力することは厳しいですねぇ。


では、どうしたら膝の力を
抜くことができるのか?


それは、膝カックンすればいいんです(^o^)


膝カックンすれば、
膝に力は入りませんから。


これができるとバッティング、ピッチング、
守備、走塁の一歩目がスッゴク良くなります。


試してみてください!!


ただ、膝カックンにはコツがあるんです。


ちゃんと膝カックンしないと
膝の力は抜けていても、

リラックスしてるのではなく、
フニャフニャになってるだけで

持ってる筋力を発揮するのは厳しいことは
覚えておいてくださいね。


今日も最後までお読み頂き
ありがとうございますm(__)m


あなたの教え子さんや
お子さんが瞬達するよう応援してます!

http://www.mlritz.com/link/113/1/30/97/

関連記事

  1. 【タイプ別ピッチングの左腕の使い方】

  2. フォーム修正をするときは「この骨」を観てください

  3. サードからの送球

  4. 監督及びコーチから、 投球フォームを直すように言われたら…

  5. 腕が下がっているように見えるのは、腕を上げてこれない

  6. 【バッティング】緩急に翻弄されないための「3つの思考」とは?

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. From:お父さんのための野球教室事務局 沢村「コントロールが良くないのは息子のキャッチボー…
  2. こんばんは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. コントロールが良くなる「3ステップ」
  2. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
  3. お子さんが積極的に練習する「言葉かけ」について
ページ上部へ戻る