【少年野球】左足の膝とつま先が開く原因

DVD教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

桜井さんはじめまして。

 

小4の息子を持つ父親です。

 

1年前から、少年野球を始めましたが、投球フォームが気になり、DVDを購入しました。

 

以前は、体の開きが早く(右投げですが左足が一塁方向についてしまう)腕もちぢこまってひっかくような投げ方でした。

 

そこで、DVDの内容を実践してみました。

 

体の開きは直ったのですが、投げ終わったとき、左足の膝とつま先が開き、上半身が横振りのようなフォームになってしまっています。

 

それをどのように直してあげたら良いかご指導願えますか?

 

よろしくお願いします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 左足の膝とつま先が開く原因
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

”左足の膝とつま先が開く”のを改善するための有効な手段のひとつは、投げる力の向きを真っすぐに向けてあげることです。

 

これは”意識の持ち方”である程度の改善をすることができます。

 

歩く”という動作で例えてみましょう。

 

少し離れた目標物を見ながら歩くと真っすぐに歩いていくことができますが、自分の体や体の動かし方を見ながら歩いていくと、直線から外れて歩いてしまうことがあります。

 

これと同じで、”投げたい方向”を常に意識できていれば、一瞬フォームが崩れても体が微妙な調整をして、投げたい方向へ投げるための動作に近づけてくれます。

 

しかし、どうしても投げるときというのは形(フォーム)に注意がいくもので、”投げたい方向”への意識が薄れてしまうことがあります。

 

ですから、まずは投げたい方向へ真っすぐに意識の矢印を向けること、そしてそれを習慣化することが大切になってきます。

 

真っすぐに意識の矢印を向けるための練習はそれほどむずかしくありません。

 

キャッチボールである程度の距離(塁間程度)まで離れたら、キャッチボールの相手に向かって歩いていきながらキャッチボールをしてみましょう。

 

右投げの場合、左足を前に出すタイミングで捕球し、そのままの流れでステップし投げてください。

 

捕球した位置から真っすぐ相手に向かって歩いていきましょう。

 

相手の近くまで来たら元の場所に戻ります。

 

このキャッチボールによってフォームよりも真っすぐに相手に向かっていく意識がついてきます。

 

その意識を繰り返すことによって、体の力を真っすぐに出す感覚を身につけていきます。

 

ラインを引いてあげると、真っすぐが意識しやすくなります。

 

一度取り組んでみてください。
⇒ http://www.1baseball-club.com/field_01/index.html

LINE友達登録でバッティング教材が半額!

お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 新規友だち登録キャンペーンを開催中です!

ただいま、新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のバッティングDVD 「和田一浩が教えるバッティング指導の極意~基本編~」を半額で手に入れることができます!

友だち追加

関連記事一覧