menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. “クイック“という言葉に惑わされてはいけません。
  2. ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法
  3. 正しくボールを投げる練習法
  4. 落合流 バッティング理論
  5. 画期的な練習法
  6. いまどきの野球少年に適した指導法
  7. この状況、もし私ならどうするか?と考えました。
  8. 自分の動きを見直し無駄をなくす
  9. 試合から課題を見つけ、その課題を克服する
  10. 力のロスと動きの制限について
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

カテゴリー:練習法

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】最近エースが肘を痛め、投手もやっています。コントロールはいいのですが、球が速くないので悩んでいます。…

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】投手以外の質問になってしまします。今年…

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】高校で硬式野球部に入るまで、どんな練習をしてればいいんでしょうか?━━━━━━━━━━━━━━━━…

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】いつもメールアドバイスありがとうございます。次男は今春少年野球を卒業し、中学の部活動で野球を続ける…

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。【質問】小学校2年生の息子がピッチャーを希望しておりますが、フォームを見ると、軸足で立ったときに安定せず、踏み出す足もばらばらの状態で…

DVD教材を購入されたからこのような質問をいただきました。【質問】はじめまして。私は大学まで投手として野球をやってました。子供は…

無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. 以前、教材購入者の方からこのような質問をいただきました。 【質問】…
  2. 今回は、「ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法」をご紹介します。…
  3. 今回は、「正しくボールを投げる練習法」をご紹介します。癖が付かなく、肘が下がらな…

おすすめ記事

  1. “クイック“という言葉に惑わされてはいけません。
  2. ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法
  3. 正しくボールを投げる練習法
ページ上部へ戻る