menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

カテゴリー:メンタル

こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!さて、今日は、発達心理学から学ぶ良い結果が出る野球選手育成法を紹介させて頂きます。これ、今日は選手育成法として…

こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!さて、今日は「子供の集中が続かない」と悩んでる方にお役に立てる方法を紹介しますね!「うちの選手、集中力がないん…

こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!「もしも私が他の人より 成功しているというのであれば、 それは私がいわゆる失敗を、 ほかの人よりも経験したから…

こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!3月は、チーム指導の回数が多く、移動は北海道の網走から熊本までと動きまくりました!さて、あなたは、練習…

こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!今、脳に電流を流してパフォーマンスアップさせる機械があるのをご存知ですか?メジャーでは、サンフランシスコジ…

こんにちは! お父さんのための野球教室の桜井です。 運動神経は、4歳~15歳くらいの 間に作られると言われています。 特にゴールデンエイジとよばれる 9歳~11歳は神経系の発達が…

おはようございます。 お父さんのための野球教室の桜井です。 「ごめんなさい」 あなたに、謝らなくてはいけません。 いつも「子どもは褒めて伸ばせ」とか 「楽しく練…

今日は、ライバルと同じ練習しても 上達スピードに差をつける方法をシェアしますね!! 同じ練習していても ライバルと差をつけるには、 脳へ「インプットする情報量」 を増やすことが大切です…

【質問】 昨年、息子が所属する中学野球部が、全国大会に出場しました。 うちの、息子もレギュラーで出ました。 けれど、全国大会が終わってから、みんな拍子ぬけしたみたいで練習や、 練習試合でだらけています。…

今自分が置かれている環境をどう考えるかってものすごく大事だと思うんです。制限や規制があるから「これだけしか出来ない」と思うのか、それとも「今しか出来ないこともあるんじゃないか」と思うのでは結果は大きく違ってくると…

さらに記事を表示する
和田バナー

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る