【野球用語】「ナイスロー」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

この記事では、野球用語「ナイスロー」の意味&使い方を解説。さらに、ナイスローに関係する“野球上達法”も紹介しますが、実は、「ナイスロー」には、こんな“深い意味”があったのです↓

「ナイスロー」とは?

ナイスローとは、野球における掛け声のひとつで「良い送球だ」という意味です。

「ナイボー」は、「ナイス」と「スロー(スローイング)」が組み合わさった造語です。
〇ナイス(nice):素晴らしい
〇スロー(throw):投げる、ほうる

つまり、送球が素晴らしい時に使う野球用語です。人によっては「ナイススロー」「ナイスローイング」と言う人もいます。

「ナイスロー」を使うタイミングは、以下のような状況の時です。
〇野手が矢のようなボールを投げた場合
〇良いボールを送球して走者を刺した場合
〇捕球をミスしたけれど、その後、落ち着いて送球してアウトをとった場合
〇捕球の体勢が悪かったにもかかわらず、素晴らしい球を送球した場合

もし、監督・コーチ・チームメイト・保護者から「ナイスロー」と声を掛けられたら、「送球が素晴らしい、と褒められている」と解釈して問題ありません。

ナイスローに似た野球用語に「ナイボー」があります。どちらも投球・送球を褒める野球用語ですが、言葉の成り立ちからみると、厳密には以下の違いがあると言えます。

〇ナイボー:球そのものを褒める(コントロール、速さ、軌道など)
〇ナイスロー:球を投げる行為、動作を褒める

守備で大切なのはリズム・テンポですが、素晴らしい送球があった時に「ナイスロー」と声を掛け合うと、選手の動きのリズムやテンポが良くなります。なので「ナイスロー」は積極的に使いたい掛け声の一つと言えるでしょう。

「ナイスロー」の使い方・例文

ナイスローの例文・用例を紹介します。

〇構えたところにボールがきたよ!ナイスロー!
〇ナイスローだ!まだまだ気を抜くなよ!絶対に勝つよ!

「ナイスロー」の具体的な使われ方は?

https://twitter.com/oobbb55k/status/964839636785770496

「ナイスロー」の類義語

ナイスローの類義語は、「ナイススローイング」「ナイススロー」「ナイボー」「ナイケン」です。

「ナイスロー」に関する練習法

ご紹介する上達法は、野球動作解析のスペシャリストで、筑波大学硬式野球部の監督である川村さんが教えてくれる送球系トレーニング「指スロー」。

指にしなりを生むことで球のスピードを上げるこの練習法により、グラウンドには「ナイスロー」の掛け声が飛び交うこと間違いなしです!

「ナイスロー」まとめ

ナイスローの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「ナイスロー」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

関連記事一覧