【少年野球】トレーニングシューズとアップシューズ

野球のトレーニングシューズとアップシューズの違い

今では小学生まで普通に履いている野球のトレーニングシューズとアップシューズ。

この2つのシューズは人によって、同じものを指していたり、別々のものとして区別されていたり、それぞれ。

野球のトレーニングシューズ・アップシューズと聞いて、頭に浮かぶのは、

・真っ白

・マジックテープ

・合皮

・ソールが細かいイボイボだったり、ランニングシューズみたいだったり

こんなイメージでしょうか。

一番認知度を上げたのは、やはり高校野球ではないでしょうか?

校名の入った、大きな遠征バックに白いマジックテープのシューズの丸坊主の高校生は野球部でしかない。

数十年前からそんなイメージです。

30年前、野球といえばスパイクしかなく、それ以外はランニングシューズでした。

そこから、プロ野球の球場に人工芝が採用されるようになります。

当時の人工芝は、コンクリートの上にカーペットのような短い芝だったため、

金具のついたスパイクでは、すべったり、突き上げが強かったり問題が多かった。

そこで開発されたのが人工芝用シューズ。

スパイクのように革製のアッパーにゴム底でグリップがいいように小さな突起を配列したシューズが登場。

当時守備は人工芝用、バッティングは金具のスパイクと履き分けていた選手が多く、

脱ぎ履きがしやすいマジックテープが主流になったと記憶しています。

この人工芝用のシューズがいまのトレーニングシューズ・アップシューズのはしりだと思います。

それが、高校野球で練習に履くようになり、ランニングもできるように、ソールがランニングシューズのような製品もでてきました。

そして、野球のトレーニングにもスパイクを履くまでのアップにも、グランドまでの通学や移動にも使用せれるようになり、トレーニングシューズやアップシューズと呼ばれるようになりました。

 

実は昔からあった、トレーニングシューズ

実は、人工芝用のシューズが出る前から、コーチ用のシューズがありました。

革製のアッパーにマジックテープでフラットのゴム底のシューズ。

多くは、バスケットやバレーボール、体育の先生が履くシューズとして、メーカーによっては、今でもほぼ同じ形で販売されています。

このコーチングシューズ?がトレーニングシューズやアップシューズの原型かもしれませんね。

余談ですが、30年前の体育教官室には、この手のシューズしか並んでいなかった(笑)

 

野球のトレーニングシューズとアップシューズのまとめ

まとめると、トレーニングシューズとアップシューズは人によって認識が違うということです。

同じという人もいれば、明確に区別して認識されているかたもいる。

簡単に言うと、スパイクの裏がゴム製でポイントのないマジックテープのシューズとなります。

次回はもっと詳しく書いてみたいと思います!

今回は野球のトレーニングシューズとアップシューズについてでした!

人気動画チャンネル登録すべき少年野球指導YouTube

この記事を書いた人長田真樹長田真樹

お父さんのための野球教室担当。
過去、小学生からプロ野球選手2,000人以上のパフォーマンスアップに貢献。
現在、京都先端科学大学硬式野球部のコーチをしながら、中学校野球部の息子を持つ現役お父さんコーチとしても日々奮闘中。

小中学生を対象としたオンライン野球教室を開催します!

2021年オンライン野球教室開催!お子さんがライバルに差をつけるとっておきのバッティング上達法を直接指導します。4月16日(金)19:30スタート

テーマは「ジャストミートで遠くに飛ばせるバッティングを自宅で一緒に身に付けよう!」です。

少年野球指導のスペシャリストと一緒に練習して効率よく上達しませんか?

素振りができるスペースさえあれば、ご自宅から受講できます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧