【少年野球審判講座】塁審の基本とコツ「ポジショニング・動き・判定の仕方」

止まって見ること

塁審で一番大切なのは、

「止まって見ること」

当たり前だよ。

と言われるかもしれませんが、元NPB審判で審判の教員もされていた山﨑夏生はおっしゃいます。

一番大切だと。

プロ野球の誤審の大半は、動きながらの判定でおこるということ。

「ゴー」 移動する

「ストップ」 止まる

「ルック」 見る

「コール」 判定

この基本動作は、野球でいうキャッチボール。

基本の動きで、審判に必要な動きが全て入っている。

プロ野球のベテラン審判でも何度も練習する、大切な動作です。

90度を保つ

フォースプレー、特に一塁が一番多いと思います。

フォースプレーの場合のポイントは、送球に対して「常に90度を保つ」ということです。

これが一番大切です。

距離は5m~7mの距離をとります。

そして、客観的に1枚の写真を撮るように全体を視界に収めるようにします。

審判経験が浅いとどうしても、ボールに集中してしまいがち。

ランナーの足に集中しながら、ボールを視界の中に納めるようにしましょう。

判定の瞬間を一枚の写真に収めるように。

タッグプレーは3m

タッグプレーは、3mまで近づきます。

あまり近すぎても錯覚してしまいます。

そして、これも送球に意識をもっていってしまうと、正しく判定できないことがありますので注意しましょう。

これもよく起こりますが、野手がボールを確捕した状態かどうか。

確捕とは、確実に捕球した状態をいいます。

グラブの中で遊んでいれば、確捕にはなりませんので、慌てないで判定しましょう。

動画を見て詳しく学んでみましょう!

元NPB審判 山崎夏生が解説する、第3回「少年野球審判講座」の動画です。

知っている方も知らない方も、今一度確認してみましょう!

 

今なら、たったの980円(税込)で少年野球の専門家があなたのお子さんのバッティングをチェックして丁寧にアドバイスします


この記事を書いた人長田真樹長田真樹

お父さんのための野球教室担当。
手塚一志の上達屋、大阪道場長を歴任、小学生からプロ野球選手2,000人以上のパフォーマンスアップに貢献。
2011年~2021年、京都学園大学・京都先端科学大学硬式野球部コーチを歴任、リーグ優勝・全日本大学選手権大会・明治神宮大会出場。
現在も学童野球から高校野球までを幅広く指導。
中学校野球部の息子を持つ現役お父さんコーチとしても日々奮闘中。

関連記事一覧