menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バッティングで体の開きを直す方法】
  2. 正しいやり方を見つける方法
  3. 【ボールが速く見える時の3つの対処法】
  4. 野球部は何をやらせてもそこそこやる説
  5. 【バットにボールが当たらなくなったとき確認すべきこと】
  6. フォームは、46,636通りあるんです。
  7. なぜ子どもは考えて野球をしないか?
  8. なぜ同じ方向にばかり打球が飛ぶのか?
  9. 水1日2リットル飲むと痩せる説
  10. 【こんなとき子どもに何て言いますか?】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

筋力の土台になるのが反応力やバランス感覚

DVD教材を購入されたからこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

はじめまして。

 

私は大学まで投手として野球をやってました。

 

子供は小学五年生になりますが、ショートとピッチャーをしてます。

 

小学生はどこまで筋肉を付けたらいいかわかりません。

 

成長期の段階でどこまで鍛えていいかわかりません。

 

アドバイスお願いします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 筋力の土台になるのが反応力やバランス感覚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

筋力についてのご質問について、私の考え方を書かせていただきます。

 

私は小学生の時期は筋力を目的としてトレーニングをするのではなく、まず反応やバランス感覚という部分に軸足を置いてトレーニングをしていただきたいと考えています。

 

「野球のセンスがある」という言葉を耳にすることがあるのですが、そう言われる選手は決して筋肉がある選手ではありません。

 

その殆どが守備にしても打撃にしてもボールに対する素早い反応が出来る選手、滑らかに、スムーズに体を動かすことが出来る選手です。

 

力は成長とともについてきますが、反応やバランス感覚というのは年を追うごとに自然についてくるものではありません。

 

私の経験で言えば、小学生時期にその伸び代は判断出来てしまいます。

 

また筋力はそのトレーニングに特化しなくても、投げる・打つ・守る・走るという野球の練習の中でもついてきますし、友達同士の遊びの中でも十分についてくると考えています。

 

以前にイチロー選手が「大きな筋肉は必要ない。しなやかな筋肉をつけていくことが必要だ」というような主旨の発言をしていました。

 

私もこれに同感で、常に動ける筋力を薄い薄い皮を幾重にも重ねていくことが野球選手にとっては必要な作業だと思っています。

 

そしてそういうしなやかな筋力の土台になるのが、反応力やバランス感覚だと考えています。

 

例えばうつ伏せの状態で目をつぶって、合図で起き上がりダッシュするといういうな反応とバランスを意識した練習を行いながら、結果として筋力もついてきていたという方向で練習やトレーニングをして頂ければと考えております。

 

うつ伏せの状態で目をつぶって、合図で起き上がりダッシュなどのトレーニングはこちらで詳しく解説しています。

⇒ http://www.1baseball-club.com/field_01/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 高校入学に備えての練習

  2. 「ボールを迎えにいく悪いクセ」を治す方法とは?

  3. 水1日2リットル飲むと痩せる説

  4. 「おっ、打ちそうだな」と思う構えを作るには…

  5. 自然に体の力を使い切る、力を出す技術とは?

  6. 指先など血豆が出来やすい部分の強化とは?

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは、お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…
  2. こんばんは。お父さんのための野球教室の桜井です。最近すごく気になってます。日…
  3. こんばんは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…

おすすめ記事

  1. 【バッティングで体の開きを直す方法】
  2. 正しいやり方を見つける方法
  3. 【ボールが速く見える時の3つの対処法】
ページ上部へ戻る