menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

【ストレッチの効果を10倍にする方法】

こんにちは!


お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!


先日、福島県の会津若松に行ってきました。


なんと、一年で最も寒い時期なのに
夜に雨が降ったんですよ!


例年なら雪が降るのに。


今年の冬は、北海道と東北の
一部を除いて異常気象ですね。


今日は、ストレッチの効果を
10倍にする方法をシェアしますね!


どうやって10倍にするかというと、
イメージを使います。


「やわらかい、やわらかい」と
イメージしながらストレッチするだけ。


「そんなことで柔らかくなるわけないだろ」


と言われちゃいそうなので、
ひとつ実験を行ってみてください。


手首にシワがありますよね?
そのシワを合わせながら両手を合わせます。


両手を合わせたら、
どちらかの中指が短いと思うんです。


中指が短い手が
わかったら手を離します。


手を離したら、短かかったほうの中指が
やわらかくなって、

ビヨーーンと
伸びるイメージをしてください。


人間の体は80%水分です。


ですから、
柔らかくなるイメージはしやすいはずです。


数秒、イメージできたら、
もう一度手のひらを合わせます。


どうです?
短かったはずの中指が伸びてませんか?


これ、数百人に試してもらったら
90%の人は長くなってました。


残りの10%の人は
イメージができてなかった。


人間は、イメージで変わります。


そもそも硬い筋肉って変だと思いませんか?
さっきも書きましたが80%水分なんですよ!


体の硬い人の筋肉だけ
鉄でできてませんから(笑)


「硬いんだ」というイメージを持ってる人は、
脳に「硬くしろ!」と命令してるんです。


だから、硬い。


これからは、筋肉は、
フニャフニャというイメージをしながら
ストレッチしてくださいね!!


今日も最後までお読み頂き
ありがとうございます。


あなたの教え子さんやお子さんの
体がやわらかーくなりますように!

その他、体を柔らかくする手段はコチラ
⇒ http://rs39.net/c/ss/ccok_1/bl/

関連記事

  1. 冬のトレーニング効果を最大化する方法

  2. プラスアルファの独創性

  3. 【肩甲骨がよく動くようになるエクササイズ】

  4. 筋力の土台になるのが反応力やバランス感覚

  5. 【冬トレ】体力作り・ランニングメニューについて

  6. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る