【少年野球】冬トレ・体力作り・ランニングメニュー

質問:冬場の楽しいトレーニングメニューは?

4年、2年、二人の息子が所属する14人で頑張っている野球チーム。

冬場のランニング練習メニューを教えていただけたらと思います。

下半身強化、体力づくりに重要な冬場の楽しいランニングやトレーニングメニューをアドバイスお願いいたします。

回答です。

まず、はじめにランニングの種類の中の、20分、30分と走り続けるランニングは、

ピッチャー育成を除いてはあまり必要のないことだと私は思います。

なぜなら、野球と言うスポーツは、「瞬発力」を求められる場面が多いからです。

守備にしても、

「100M先のボールに追いつくためではなく、10M先のボールをキャッチするために走るもの」であり、

「10M先に飛んだ打球をいかに素早く動いてキャッチするか」

という『一瞬で大きな力を発揮する能力』を求められるわけです。

ですので、

小さな力を長く発揮する練習(長距離走)よりも大きな力を瞬時に発揮する練習(短距離走)を、メインに取り組んだ方が良いと思います。

走る距離についても塁間ほどの短い距離で十分だと思います。

短い距離を全力で走り、大きな力を瞬時に発揮できるよう練習させていきましょう。

子どもたちの競争意識を高めるためにチーム分けしてタイムを競わせたり、ベースランニングでリレーで勝負させることも効果的だと思います。

ただ走らせるだけではなく、ゲーム性を持たせることで子どもたちは自然と全力で取り組むことが多いですからね。

さらに、ただ前向きに走ることだけではなく、サイドステップをダッシュの途中で混ぜたり、

バック走や方向転換も取り入れるなど、メニューにバリエーションを持たせることで、子どもたちも飽きずに楽しくランニングに取り組めると思いますよ!

また、下半身強化などのトレーニングメニューについては

コチラで詳しく解説しておりますので、ご覧ください↓

http://rs39.net/c/tr/cttf_1/bl/

お父さんのための野球教室チャンネル動画はこちら↓

お父さんのための野球教室初月無料キャンペーン

この記事を書いた人沢村勇紀沢村勇紀
中学ボーイズリーグで二度の日本一。
名門・大阪桐蔭高校で、阪神・岩田稔、西武・中村剛也、中日・平田良介、元阪神・西岡剛らとともにプレー。
独立リーグ・紀州レンジャーズでの球歴も持つスラッガー。

関連記事一覧