menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

【冬トレ】体力作り・ランニングメニューについて

————-
■ご質問内容
————-

4年、2年、二人の息子が所属する
14人で頑張っている野球チーム。

冬場のランニング練習メニューを
教えていただけたらと思います。

下半身強化、体力づくりに
重要な冬場の楽しいランニングや
トレーニングメニューをアドバイスお願いいたします。


————-
■回答
————-

まず、はじめに
ランニングの種類の中の、
20分、30分と走り続けるランニングは、

ピッチャー育成を除いては
あまり必要のないことだと私は思います。


なぜなら、野球と言うスポーツは、
「瞬発力」を求められる場面が多いからです。


守備にしても、

「100M先のボールに追いつくためではなく、
10M先のボールをキャッチするために走るもの」であり、

「10M先に飛んだ打球を
いかに素早く動いてキャッチするか」

という『一瞬で大きな力を発揮する能力』
を求められるわけです。


ですので、

小さな力を
長く発揮する練習(長距離走)よりも

大きな力を
瞬時に発揮する練習(短距離走)を、

メインに取り組んだ方が良いと思います。


走る距離についても
塁間ほどの短い距離で十分だと思います。


短い距離を全力で走り、
大きな力を瞬時に発揮できるよう
練習させていきましょう。


子どもたちの競争意識を高めるために
チーム分けしてタイムを競わせたり、

ベースランニングで
リレーで勝負させることも
効果的だと思います。


ただ走らせるだけではなく、
ゲーム性を持たせることで
子どもたちは自然と全力で取り組むことが多いですからね。


さらに、ただ前向きに走ることだけではなく、
サイドステップをダッシュの途中で混ぜたり、

バック走や方向転換も取り入れるなど、
メニューにバリエーションを持たせることで、

子どもたちも飽きずに楽しく
ランニングに取り組めると思いますよ!


また、下半身強化などの
トレーニングメニューについては

コチラで詳しく解説しておりますので、ご覧ください↓

http://rs39.net/c/tr/cttf_1/bl/

関連記事

  1. 握力を強くすることは本来の目的ではない

  2. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法

  3. 子どもの運動不足を解消する仕掛け

  4. 肘の動作をスムーズにするという観点では、肩甲骨周りのストレッチの…

  5. 【足が速くなる瞬速エクササイズ】

  6. 連続して試合がある場合のアイシングの方法について

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る