menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 弾丸ヒットを連発させる「両振り」
  2. 親が涙を流す至極のレッスン
  3. 【要チェック!】空振りが減らない意外な原因と、その改善策とは?
  4. 【質問】身体が小さくて周りの子よりも遠くにボールを投げれません…
  5. 【質問】足の遅さが致命傷にならないか心配です…
  6. 目線がズレないテイクバックの教え方とは?
  7. バットを買うタイミングについて悩んでいます。
  8. 練習時のティーバッティングの注意点とは?
  9. 今どきの子のやる気に火をつけるために大人ができること
  10. キャッチボールをミスなく続けるコツとは?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

【冬トレ】体力作り・ランニングメニューについて

————-
■ご質問内容
————-

4年、2年、二人の息子が所属する
14人で頑張っている野球チーム。

冬場のランニング練習メニューを
教えていただけたらと思います。

下半身強化、体力づくりに
重要な冬場の楽しいランニングや
トレーニングメニューをアドバイスお願いいたします。


————-
■回答
————-

まず、はじめに
ランニングの種類の中の、
20分、30分と走り続けるランニングは、

ピッチャー育成を除いては
あまり必要のないことだと私は思います。


なぜなら、野球と言うスポーツは、
「瞬発力」を求められる場面が多いからです。


守備にしても、

「100M先のボールに追いつくためではなく、
10M先のボールをキャッチするために走るもの」であり、

「10M先に飛んだ打球を
いかに素早く動いてキャッチするか」

という『一瞬で大きな力を発揮する能力』
を求められるわけです。


ですので、

小さな力を
長く発揮する練習(長距離走)よりも

大きな力を
瞬時に発揮する練習(短距離走)を、

メインに取り組んだ方が良いと思います。


走る距離についても
塁間ほどの短い距離で十分だと思います。


短い距離を全力で走り、
大きな力を瞬時に発揮できるよう
練習させていきましょう。


子どもたちの競争意識を高めるために
チーム分けしてタイムを競わせたり、

ベースランニングで
リレーで勝負させることも
効果的だと思います。


ただ走らせるだけではなく、
ゲーム性を持たせることで
子どもたちは自然と全力で取り組むことが多いですからね。


さらに、ただ前向きに走ることだけではなく、
サイドステップをダッシュの途中で混ぜたり、

バック走や方向転換も取り入れるなど、
メニューにバリエーションを持たせることで、

子どもたちも飽きずに楽しく
ランニングに取り組めると思いますよ!


また、下半身強化などの
トレーニングメニューについては

コチラで詳しく解説しておりますので、ご覧ください↓

http://www.mlritz.com/link/113/1/126/27/

関連記事

  1. 自主練 冬の自宅でのトレーニング 

  2. 自分にとって必要な練習にリメイクしていく

  3. 「もう立てない」というぐらいまで体を使いきれるか?

  4. 「指導の盲点」

  5. 握力を強くすることは本来の目的ではない

  6. 今どきの子のやる気に火をつけるために大人ができること

無料メールマガジン登録
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. From:お父さんのための野球教室事務局 …
  2. From:お父さんのための野球教室事務局 私も最初は信じられませんでした。…
  3. 【質問】 いつも興味深く拝見しております。 少年野球(小学生硬式)の指導をしてます。…

おすすめ記事

  1. 弾丸ヒットを連発させる「両振り」
  2. 親が涙を流す至極のレッスン
  3. 【要チェック!】空振りが減らない意外な原因と、その改善策とは?
ページ上部へ戻る