menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. お子さんに合った「バットの適正重量」とは?
  2. 「レベルスイングの正しい軌道」をお子さんに理解させる方法とは?
  3. ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?
  4. 清宮選手が100本塁打以上を達成できた理由
  5. 外野フライを1日でも早く捕れるようにする手順とは?
  6. 「おっ、打ちそうだな」と思う構えを作るには…
  7. 「ボールを迎えにいく悪いクセ」を治す方法とは?
  8. 小学生の「タイミングのとり方」について
  9. 幼少期の野球指導について
  10. バック走と球速アップの関係性
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法

今回は、「ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法」をご紹介します。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私の経験ですが、試合前に血豆ができてしまった場合は、針でついて血を抜いてしまったほうが気にならなくて良いです。

ただ急に血豆ができた場合、痛みは少なからずあります。

血豆は指にかかっている証拠とも言いますが、爪の手入れの方法で回避できることもあります。

爪を伸ばし過ぎると割れてしまい、逆に深爪するとリリースするときに

指に力がかかり爪が皮膚に食い込むため血豆が出来やすくなります。

グローブやスパイクを手入れするのと同じく、爪も専用のやすりで指の先端と爪の先端が同じになる長さに保ち、強い爪を作ってください。

また食事の面でもタンパク質(大豆)をきちんと摂取していくことで強い爪を作っていけるそうですよ。

爪の手入れについてはコチラで画像付きで解説しています。
⇒  http://blog.livedoor.jp/bb_easy_consultant/archives/50769856.html
 

関連記事

  1. 肩甲骨のトレーニングやストレッチの方法

  2. 投げる動作は肩だけで行うわけではありません。

  3. 自主練 冬の自宅でのトレーニング 

  4. 握力を強くすることは本来の目的ではない

  5. スピードアップしたいときにどのように練習に取り組むのか?

  6. 筋力の土台になるのが反応力やバランス感覚

無料メールマガジン登録
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. バットの選び方について 下記のようなご質問をいただきました。 ---…
  2. バッティングのスイング軌道について 下記のような質問をいただきました。 …
  3. 最近の高校球児は、当たり前のように 140キロを出せるピッチャーがたくさんいます。…

おすすめ記事

  1. お子さんに合った「バットの適正重量」とは?
  2. 「レベルスイングの正しい軌道」をお子さんに理解させる方法とは?
  3. ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?
ページ上部へ戻る