menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【要チェック!】空振りが減らない意外な原因と、その改善策とは?
  2. 【質問】身体が小さくて周りの子よりも遠くにボールを投げれません…
  3. 【質問】足の遅さが致命傷にならないか心配です…
  4. 目線がズレないテイクバックの教え方とは?
  5. バットを買うタイミングについて悩んでいます。
  6. 練習時のティーバッティングの注意点とは?
  7. 今どきの子のやる気に火をつけるために大人ができること
  8. キャッチボールをミスなく続けるコツとは?
  9. 【冬トレ】体力作り・ランニングメニューについて
  10. アウトコースが打てないときの対処法と考え方とは?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法

今回は、「ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法」をご紹介します。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私の経験ですが、試合前に血豆ができてしまった場合は、針でついて血を抜いてしまったほうが気にならなくて良いです。

ただ急に血豆ができた場合、痛みは少なからずあります。

血豆は指にかかっている証拠とも言いますが、爪の手入れの方法で回避できることもあります。

爪を伸ばし過ぎると割れてしまい、逆に深爪するとリリースするときに

指に力がかかり爪が皮膚に食い込むため血豆が出来やすくなります。

グローブやスパイクを手入れするのと同じく、爪も専用のやすりで指の先端と爪の先端が同じになる長さに保ち、強い爪を作ってください。

また食事の面でもタンパク質(大豆)をきちんと摂取していくことで強い爪を作っていけるそうですよ。

爪の手入れについてはコチラで画像付きで解説しています。
⇒  http://blog.livedoor.jp/bb_easy_consultant/archives/50769856.html
 

関連記事

  1. 連続して試合がある場合のアイシングの方法について

  2. プラスアルファの独創性

  3. 肘の動作をスムーズにするという観点では、肩甲骨周りのストレッチの…

  4. 自主練 冬の自宅でのトレーニング 

  5. 「指導の盲点」

  6. 筋力の土台になるのが反応力やバランス感覚

無料メールマガジン登録
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. 【質問】 いつも興味深く拝見しております。 少年野球(小学生硬式)の指導をしてます。…
  2. ——– ■質問 ——&nd…
  3. -------- ■質問 -------- 初めて質問、ご相談する次第です。…

おすすめ記事

  1. 【要チェック!】空振りが減らない意外な原因と、その改善策とは?
  2. 【質問】身体が小さくて周りの子よりも遠くにボールを投げれません…
  3. 【質問】足の遅さが致命傷にならないか心配です…
ページ上部へ戻る