menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法

今回は、「ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法」をご紹介します。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私の経験ですが、試合前に血豆ができてしまった場合は、針でついて血を抜いてしまったほうが気にならなくて良いです。

ただ急に血豆ができた場合、痛みは少なからずあります。

血豆は指にかかっている証拠とも言いますが、爪の手入れの方法で回避できることもあります。

爪を伸ばし過ぎると割れてしまい、逆に深爪するとリリースするときに

指に力がかかり爪が皮膚に食い込むため血豆が出来やすくなります。

グローブやスパイクを手入れするのと同じく、爪も専用のやすりで指の先端と爪の先端が同じになる長さに保ち、強い爪を作ってください。

また食事の面でもタンパク質(大豆)をきちんと摂取していくことで強い爪を作っていけるそうですよ。

爪の手入れについてはコチラで画像付きで解説しています。
⇒  http://blog.livedoor.jp/bb_easy_consultant/archives/50769856.html
 

関連記事

  1. プラスアルファの独創性

  2. 【ストレッチの効果を10倍にする方法】

  3. 自主練 冬の自宅でのトレーニング 

  4. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法

  5. 【足が速くなる瞬速エクササイズ】

  6. 握力を強くすることは本来の目的ではない

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る