menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. “クイック“という言葉に惑わされてはいけません。
  2. ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法
  3. 正しくボールを投げる練習法
  4. 落合流 バッティング理論
  5. 画期的な練習法
  6. いまどきの野球少年に適した指導法
  7. この状況、もし私ならどうするか?と考えました。
  8. 自分の動きを見直し無駄をなくす
  9. 試合から課題を見つけ、その課題を克服する
  10. 力のロスと動きの制限について
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

肘の動作をスムーズにするという観点では、肩甲骨周りのストレッチの運動が効果的

さて、教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

息子は現在5年生で投手をさせていただいておりますが、肘の使い方があまり上手くないように見えます。

 

ライバルには肘を柔らかく使って投げる子もおり、球の伸びが息子より良いように感じます。

 

そこで2つ質問ですが、

 

1.肘の使い方が上手くなるにはどんな練習をすればよろしいでしょうか?
2.肘の関節を柔らかくするストレッチなどはありますでしょうか?(ある程度生まれ持ったものもあるでしょうが・・・)

 

お手数をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■肘の使い方について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

どのタイミング(動作)での肘の使い方に問題があるのかによって少し内容が変わってきます。

 

足を上げて利き手を後方にもっていく動作であるテイクバックの肘の使い方の場合は以下の動作を繰り返し行って、基本的な肘の使い方を覚えていきましょう。

 

1 ”手の甲”を見ながらテイクバックの動作をとる
2 ”手の甲”を見たまま最後は手の甲を耳の少し上の頭にあてる

 

肘(腕)の使い方がぎこちない場合、テイクバックの動作の間、手のひら(ボール)が見える状態が多いです。

 

ただし、肘の使い方は、肘の動かし方よりもその前の動作(例えば上半身が前に流れるなど)が大きく影響します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■肘のストレッチについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
もちろん肘の周辺のストレッチはケガの予防の観点からも必要ですが、肘の動作をスムーズにするという観点では、肩甲骨周りのストレッチの運動が効果的です。

 

肩甲骨が動く範囲(可動域)を拡げるための運動はたくさんありますが、よくおすすめしているのが、猫のポーズという運動です。

関連記事

  1. 「もう立てない」というぐらいまで体を使いきれるか?

  2. 練習の工夫と努力で周りと差がつけられる

  3. 肩甲骨のトレーニングやストレッチの方法

  4. 自然に体の力を使い切る、力を出す技術とは?

  5. スピードアップしたいときにどのように練習に取り組むのか?

  6. プラスアルファの独創性

無料メールマガジン登録
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. 以前、教材購入者の方からこのような質問をいただきました。 【質問】…
  2. 今回は、「ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法」をご紹介します。…
  3. 今回は、「正しくボールを投げる練習法」をご紹介します。癖が付かなく、肘が下がらな…

おすすめ記事

  1. “クイック“という言葉に惑わされてはいけません。
  2. ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法
  3. 正しくボールを投げる練習法
ページ上部へ戻る