【少年野球】こんな野球人の育て方もあるんですね

お父さんのための野球教室の桜井です。

日本ハムファイターズ監督の新庄剛さん、選手に向けてこう伝えた。

「個性ある髪 服装 発言 大歓迎!!ただし 痛んだ髪 汚い肌 汗臭さ ダサい服 全ての身だしなみが出来ない選手は2軍行きだょ」

面白いね。

でも、選手は大変だね。

自由で楽しそうに聞こえるけれど、

髪は短く切りなさい、
ひげは剃りなさい、
髪は黒くしなさい

規則正しい生活をしなさいというのと本質は変わらない。

プロらしく

要はプロらしくしなさいよ、しかも高いレベルで。ということ。

むしろ茶髪・長髪は禁止!と言われる方が楽。

ビッグボスのもとで茶髪・長髪にするなら、髪の痛み具合を常にチェックしないといけないし、カット、カラー、トリートメント、それに食事・栄養、睡眠、などなど、髪の毛周りで気を付けるべきことがめちゃ増える。

あぁ面倒だ。

いっそのこと丸刈りにした方が野球に集中できるわい、という昭和の発想にたどり着いて、丸刈りのメリットに割と納得してしまうボクもいる。

小学生にビッグボスのやり方すべてが合うとは思わないけれど、そうやって選手に考えさせて、なるほど丸刈りにするのも一理あるな、と納得して行動させるのは大事なことで、ビッグボスの思惑はわかりかねるけど、

「丸刈りしてこい」と「茶髪禁止」ではなく、あるべき姿を示してそこに向かう方法は自分で考えてね、ていう選手の育て方もありだよね。

試合で打てるようになる野球教材&個別指導が“たったの500円”で手に入るチャンス!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com
この記事を書いた人川端健太桜井一
お父さんのための野球教室
1978年生まれ。奈良県出身。大学関西地方リーグで最優秀投手賞(’97年)、最優秀選手賞(’99年)を受賞し、野球部創設以来初の全国大学野球選手権大会に2度出場。最高成績はベスト8。東海地区、社会人野球の名門へ進み、社会人野球の甲子園である都市対抗野球大会に2度の出場。引退後は、人気野球指導ブログ「お父さんのための野球教室」を開設。体系的でわかり過ぎる野球指導法は小学生の保護者に爆発的な支持を得て、DVDや書籍化。現在も、ブログでの指導法の発信、高校野球の現場で学生野球選手のサポート活動を精力的に行う。

関連記事一覧