全身で全力を出す技術とは?

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

【質問】

 

最近エースが肘を痛め、投手もやっています。

コントロールはいいのですが、球が速くないので悩んでいます。

(親だけが)

どういうメニューがよいのでしょうか。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 全身で全力を出す技術とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

球速については、これをやればという練習をここであげることは難しいのですが、全身で全力を出す技術を 上げていくことが重要です。

 

 

全力を出し切る能力というのは、心身両方がそれに向かわないと向上はないと考えています。

 

 

 

今、毎日されているメニューの一つ一つで全ての力を出し切って下さい。

 

 

 

メニューをこなすのではなく、その練習をやりきる。

 

次のメニューが出来なくてもそれでOKです。

 

 

 

例えばマラソン1キロで全て力を出し切って、後のメニューが出来ないのと、ある程度の力でメニューを全てこなしてしまうのとでは、前者のほうがスピードのある球を投げる練習をしていることになります。

 

次は思いっきり全力を出して、もう駄目だと思っても、次の腕立てが1回できる体力と精神力がついてきます。

 

そしてその腕立て1回ができれば、次は2回というように、心身ともに全力を出し切る能力をつけていって下さい。

 

 

 

メールを拝見させていただいて、それが向上していくための土台となるものを息子さんは持ち合わせておられると思います。

⇒  http://rs39.net/c/bb/cbsh_5/bl/

小中学生を対象としたオンライン野球教室を開催します!

2021年オンライン野球教室開催!お子さんがライバルに差をつけるとっておきのバッティング上達法を直接指導します。4月16日(金)19:30スタート

テーマは「ジャストミートで遠くに飛ばせるバッティングを自宅で一緒に身に付けよう!」です。

少年野球指導のスペシャリストと一緒に練習して効率よく上達しませんか?

素振りができるスペースさえあれば、ご自宅から受講できます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧