menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
  4. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」
  5. 【質問】バッティングの「体の開き」を直す練習方法を教えてください
  6. 【質問】気分が乗ってこない子供にどのように接すればいいですか?
  7. リラックスしてプレーする簡単なコツ
  8. 投げるときの「腕の上げ方」について
  9. 「体の開き」と「踏み出し幅」の関連性について
  10. 突っ込み打ちを改善し、スイングに力強さを出す方法
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

全身で全力を出す技術とは?

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 
【質問】

 

最近エースが肘を痛め、投手もやっています。

 
コントロールはいいのですが、球が速くないので悩んでいます。

 
(親だけが)

 
どういうメニューがよいのでしょうか。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 全身で全力を出す技術とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

球速については、これをやればという練習をここであげることは難しいのですが、全身で全力を出す技術を 上げていくことが重要です。

 

 

全力を出し切る能力というのは、心身両方がそれに向かわないと向上はないと考えています。

 

 

 

今、毎日されているメニューの一つ一つで全ての力を出し切って下さい。

 

 

 

メニューをこなすのではなく、その練習をやりきる。

 

 
次のメニューが出来なくてもそれでOKです。

 

 

 

例えばマラソン1キロで全て力を出し切って、後のメニューが出来ないのと、ある程度の力でメニューを全てこなしてしまうのとでは、前者のほうがスピードのある球を投げる練習をしていることになります。

 

 
次は思いっきり全力を出して、もう駄目だと思っても、次の腕立てが1回できる体力と精神力がついてきます。

 

 
そしてその腕立て1回ができれば、次は2回というように、心身ともに全力を出し切る能力をつけていって下さい。

 

 

 

メールを拝見させていただいて、それが向上していくための土台となるものを息子さんは持ち合わせておられると思います。

⇒  http://rs39.net/c/bb/cbsh_5/bl/

関連記事

  1. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法

  2. ピッチャーの練習を始める低学年の子供の練習メニュー

  3. 高校入学に備えての練習

  4. リラックスしてプレーする簡単なコツ

  5. 4つのキャッチャーの自宅練習法

  6. ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?

無料メールマガジン登録
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは! 一気に寒くなってきましたねぇ。 体調、大丈夫ですか?…
  2. 下記のような ご質問・ご相談をいただきました。 ----------…
  3. 今日は、ライバルと同じ練習しても 上達スピードに差をつける方法をシェアしますね!!…

おすすめ記事

  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
ページ上部へ戻る