menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バッティングで体の開きを直す方法】
  2. 正しいやり方を見つける方法
  3. 【ボールが速く見える時の3つの対処法】
  4. 野球部は何をやらせてもそこそこやる説
  5. 【バットにボールが当たらなくなったとき確認すべきこと】
  6. フォームは、46,636通りあるんです。
  7. なぜ子どもは考えて野球をしないか?
  8. なぜ同じ方向にばかり打球が飛ぶのか?
  9. 水1日2リットル飲むと痩せる説
  10. 【こんなとき子どもに何て言いますか?】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

全身で全力を出す技術とは?

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 
【質問】

 

最近エースが肘を痛め、投手もやっています。

 
コントロールはいいのですが、球が速くないので悩んでいます。

 
(親だけが)

 
どういうメニューがよいのでしょうか。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 全身で全力を出す技術とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

球速については、これをやればという練習をここであげることは難しいのですが、全身で全力を出す技術を 上げていくことが重要です。

 

 

全力を出し切る能力というのは、心身両方がそれに向かわないと向上はないと考えています。

 

 

 

今、毎日されているメニューの一つ一つで全ての力を出し切って下さい。

 

 

 

メニューをこなすのではなく、その練習をやりきる。

 

 
次のメニューが出来なくてもそれでOKです。

 

 

 

例えばマラソン1キロで全て力を出し切って、後のメニューが出来ないのと、ある程度の力でメニューを全てこなしてしまうのとでは、前者のほうがスピードのある球を投げる練習をしていることになります。

 

 
次は思いっきり全力を出して、もう駄目だと思っても、次の腕立てが1回できる体力と精神力がついてきます。

 

 
そしてその腕立て1回ができれば、次は2回というように、心身ともに全力を出し切る能力をつけていって下さい。

 

 

 

メールを拝見させていただいて、それが向上していくための土台となるものを息子さんは持ち合わせておられると思います。

⇒  http://rs39.net/c/bb/cbsh_5/bl/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. ドアスイング(外回りするスイング)を直す方法

  2. 幼少期の野球指導について

  3. 低学年の子どもが野球を好きになる練習メニューの工夫とは?

  4. 「最強の野球瞬達法」

  5. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法

  6. 【質問】バッティングの「体の開き」を直す練習方法を教えてください…

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. こんにちは、お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…
  2. こんばんは。お父さんのための野球教室の桜井です。最近すごく気になってます。日…
  3. こんばんは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…

おすすめ記事

  1. 【バッティングで体の開きを直す方法】
  2. 正しいやり方を見つける方法
  3. 【ボールが速く見える時の3つの対処法】
ページ上部へ戻る