menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 弾丸ヒットを連発させる「両振り」
  2. 親が涙を流す至極のレッスン
  3. 【要チェック!】空振りが減らない意外な原因と、その改善策とは?
  4. 【質問】身体が小さくて周りの子よりも遠くにボールを投げれません…
  5. 【質問】足の遅さが致命傷にならないか心配です…
  6. 目線がズレないテイクバックの教え方とは?
  7. バットを買うタイミングについて悩んでいます。
  8. 練習時のティーバッティングの注意点とは?
  9. 今どきの子のやる気に火をつけるために大人ができること
  10. キャッチボールをミスなく続けるコツとは?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

全身で全力を出す技術とは?

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 
【質問】

 

最近エースが肘を痛め、投手もやっています。

 
コントロールはいいのですが、球が速くないので悩んでいます。

 
(親だけが)

 
どういうメニューがよいのでしょうか。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 全身で全力を出す技術とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

球速については、これをやればという練習をここであげることは難しいのですが、全身で全力を出す技術を 上げていくことが重要です。

 

 

全力を出し切る能力というのは、心身両方がそれに向かわないと向上はないと考えています。

 

 

 

今、毎日されているメニューの一つ一つで全ての力を出し切って下さい。

 

 

 

メニューをこなすのではなく、その練習をやりきる。

 

 
次のメニューが出来なくてもそれでOKです。

 

 

 

例えばマラソン1キロで全て力を出し切って、後のメニューが出来ないのと、ある程度の力でメニューを全てこなしてしまうのとでは、前者のほうがスピードのある球を投げる練習をしていることになります。

 

 
次は思いっきり全力を出して、もう駄目だと思っても、次の腕立てが1回できる体力と精神力がついてきます。

 

 
そしてその腕立て1回ができれば、次は2回というように、心身ともに全力を出し切る能力をつけていって下さい。

 

 

 

メールを拝見させていただいて、それが向上していくための土台となるものを息子さんは持ち合わせておられると思います。

⇒  http://www.1baseball-club.com/izm/

関連記事

  1. 幼少期の野球指導について

  2. 「レベルスイングの正しい軌道」をお子さんに理解させる方法とは?

  3. 外野フライを1日でも早く捕れるようにする手順とは?

  4. 「ボールを迎えにいく悪いクセ」を治す方法とは?

  5. ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?

  6. ピッチャーの練習を始める低学年の子供の練習メニュー

無料メールマガジン登録
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. From:お父さんのための野球教室事務局 …
  2. From:お父さんのための野球教室事務局 私も最初は信じられませんでした。…
  3. 【質問】 いつも興味深く拝見しております。 少年野球(小学生硬式)の指導をしてます。…

おすすめ記事

  1. 弾丸ヒットを連発させる「両振り」
  2. 親が涙を流す至極のレッスン
  3. 【要チェック!】空振りが減らない意外な原因と、その改善策とは?
ページ上部へ戻る