menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【肩甲骨がよく動くようになるエクササイズ】
  2. 【質問】小学校のチーム選びについて
  3. 【タイプ別ピッチングの左腕の使い方】
  4. 【ストレッチの効果を10倍にする方法】
  5. 【質問】硬式のクラブチームに行くか、軟式の部活で野球をやるか悩んでいま…
  6. 【脱力のコツ】
  7. 説得力のある、超一流選手のバッティング指導センスをあなたも手に入れませ…
  8. 理想の打撃フォームを身に付けてヒットを量産する方法
  9. ボールをとらえて打球を遠くに飛ばす方法
  10. 和田一浩が小中学生の指導者へお願いしたいこと
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

全身で全力を出す技術とは?

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 
【質問】

 

最近エースが肘を痛め、投手もやっています。

 
コントロールはいいのですが、球が速くないので悩んでいます。

 
(親だけが)

 
どういうメニューがよいのでしょうか。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 全身で全力を出す技術とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

球速については、これをやればという練習をここであげることは難しいのですが、全身で全力を出す技術を 上げていくことが重要です。

 

 

全力を出し切る能力というのは、心身両方がそれに向かわないと向上はないと考えています。

 

 

 

今、毎日されているメニューの一つ一つで全ての力を出し切って下さい。

 

 

 

メニューをこなすのではなく、その練習をやりきる。

 

 
次のメニューが出来なくてもそれでOKです。

 

 

 

例えばマラソン1キロで全て力を出し切って、後のメニューが出来ないのと、ある程度の力でメニューを全てこなしてしまうのとでは、前者のほうがスピードのある球を投げる練習をしていることになります。

 

 
次は思いっきり全力を出して、もう駄目だと思っても、次の腕立てが1回できる体力と精神力がついてきます。

 

 
そしてその腕立て1回ができれば、次は2回というように、心身ともに全力を出し切る能力をつけていって下さい。

 

 

 

メールを拝見させていただいて、それが向上していくための土台となるものを息子さんは持ち合わせておられると思います。

⇒  http://rs39.net/c/bb/cbsh_5/bl/

関連記事

  1. 幼少期の野球指導について

  2. 清宮選手が100本塁打以上を達成できた理由

  3. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」

  4. ピッチャーの練習を始める低学年の子供の練習メニュー

  5. 守備が上手くなる「反応スピードアップエクササイズ」

  6. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…

無料メールマガジン登録
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは! お父さんのための野球教室 メルマガ執筆者で、 野球…
  2. こんにちは! お父さんのための野球教室の桜井です。 下記のような…
  3. こんにちは! お父さんのための野球教室 メルマガ執筆者で、 野球…

おすすめ記事

  1. 【肩甲骨がよく動くようになるエクササイズ】
  2. 【質問】小学校のチーム選びについて
  3. 【タイプ別ピッチングの左腕の使い方】
ページ上部へ戻る