腕が下がっているように見えるのは、腕を上げてこれない

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

投球動作でボールを放す時,手が下がった投げ方に見えるのですが,どのような練習方法で修正すればよいですか。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 腕が下がっているように見えるのは、腕を上げてこれない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

リリースの時に腕が下がっているように見えるのは、厳密には下がっているのではなく、腕を上げてこれない(上げにくい)ことにあります。

 

腕が上げにくい理由は、腕を最初から最後までほぼ伸びた状態で動かしているためです。

 

これはグラブを持つ左手の動きの影響があります。

 

写真で見る限りですが、今のフォームは左手をサード側に向けて出す投げ方ですね。左手をサード方向に向けて腕を出すと、右手の動きとしては背中の方向へ腕を伸ばす動きが自然な動きになります。

 

人間はバランスをとるために左右反対の動きをとる癖があります。

 

背中側に一旦腕が伸ばしてしまうと、そのあと腕はたたみづらくなり上がりにくい状態になります。

 

上がりにくい状態から、体をまわして腕を前に引きだしてリリースするという方法をとるため、見た目は腕が下がっているようになります。

 

修正としては左の使い方がまずはポイントになります。

 

まず足を上げたときのグラブの位置を体の近くにしてみてください。

 

高さは口やあごの高さ、胸の高さ、おへその高さの中で息子さんがしっくりくる位置でよいです。

 

そして次に今サード側にグラブを出す方法をとっておられますが、これを少しずつホーム側に出すように意識してみてきださい。

 

いきなり真っすぐホーム方向に出すと、これまでと大きくフォームが変わるので違和感もあると思います。

 

少しずつで良いので、真っすぐホーム方向へグラブを出すように修正してあげてください。

 

そうすると腕に余分な力が入らずに、たたみやすくなり腕が上がりやすくなってきます。

 

ただこれまでサード方向へグラブを出すフォームに馴染んでいるので、周りで見ている以上に息子さん本人は体が開いているように感じるはずです。

 

ですので、出来ればビデオや鏡でフォームをチェックしながら真っすぐにグラブを出しても開いていないことを確認させてあげてながら取り組んでみてください。

 

フォームの修正は1日2日ですぐに完了というわけにはいかないので、じっくりと付き合ってあげていただきたいと思います。

 

投球フォームを1から見直すには今すぐコチラ
http://www.1baseball-club.com/field_01/

 

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧