menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

大会前1週間の調整パターンとは?

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

自分の子供は中学校でピッチャーしてますが、大会一週間前の調整は、どのようにしたらいいでしょうか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 大会前1週間の調整パターンとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

大会前1週間の調整ですが、これはその人によって異なります。

 

ですので、これでいけば大丈夫というものをお示しすることができません。

 

ですので、どのような調整が自分に合うのかを1週間前までに確認しておく必要があります。

 

■1本番の前日の投球についての確認

 

ノースロー

 

キャッチボールのみ

 

ピッチング軽め・多め

 

■2運動量(ランニングやピッチング)の山と谷

 

次の日曜日に向けて、月曜日から水曜日に向けて運動量をあげていき、木曜日に運動量を落とし、日曜日に向けて金曜日から土曜日にかけて運動量をあげていくという運動量の山と谷を2つずつ作るパターン。

 

また月曜日から日曜日に向けて徐々に運動量をあげていくという一ずつ谷と山を作るパターン。

 

いづれにしても1週間ずっと運動量をフラットにするよりも日によって少し強弱をつけていく調整の仕方をとる選手が多いです。

 

■3運動の内容

 

これはその時々の体調によってもことなりますが、本番前はダッシュなどの瞬発系の運動がよいか、長距離系の運動を取り入れたほうが良いかを見極めておく必要があります。

 

ただ、これも体調や調子により異なりますし、両方取り入れたほうが良いという人もいます。

 

これらの観点で1週間前までに、自分で本番日を設定し確認していく必要があります。

 

また食事や睡眠ですね。

 

言うまでもありませんが、これはきちんととってください。

 

また大会の当日だけ、サプリメントや栄養補助食などをはりきって摂取する人もたくさんいますが、やはりこれも自分にあったものがありますので、当日だけでなく、当日摂取したいのであれば確認しておく必要があります。

 

何れにしても大会1週間前ではなく、それ以前から1週間前を想定して自分の体を確認しておくことが本番当日のパフォーマンスを最大に発揮するために必要な準備だと考えております。

 

ピッチングフォームについてはコチラで基礎から学ぶことができます。

 

http://www.1baseball-club.com/field_01/

関連記事

  1. 「1.2.の 3 で投げさせたいが、何度言っても 1.2 で投げ…

  2. 未経験を都合よく利用し、子どもを上達させる方法

  3. 置きに行くようなフォームの修正

  4. 投げるときの踏み出し足の動き

  5. ピッチングの体重移動は、体重を乗せてから体を捻る

  6. 軸足のひざが落ちてしまう原因

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る