menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

疲れからか腕が下がった時の対処法とは?

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

DVDを購入して息子と2人で勉強させていただきました。

 

まだ日がたっておりませんのであまり変化はわかりませんが昨日、試合がありまして今までで一番のピッチングをしてました。

 

子供はDVDでみたことを意識はしているようです。

 

ただ回をおうごとに疲れからか腕が下がってきてしまいます。

 

本人はきずいていないようです。

 

けがにつながらないか心配です。

 

どう意識させたらよいですか?

 

教えてください。

 

よろしくお願いいたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 大きく体を伸ばしたあと、真っすぐな姿勢を意識すること
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

試合で投げるということは、練習で投げる以上に自分が思っているよりも力が入り疲労がたまります。

 

疲れてくるとどうしても背中が曲がって前かがみになっていきます。

 

前かがみの姿勢になると、腕が動かせる範囲が小さくなってしまい腕(肘)が下がってしまいます。

 

試合中に腕が下がってきた場合(疲れる前からも)、胸を軽く前に出し体の前面(胸)をひろげてあげる意識で大きく両腕を伸ばして外側に回してあげてください。

 

そして一度姿勢を正し、その姿勢で足を上げて投げるようにしてみてください。

 

また攻撃の時間帯でベンチに座っている時も、姿勢を真っすぐにして体の前面を伸ばすことを心がけてください。

 

姿勢についてはコチラの先生の教材がお勧めです。
⇒ http://www.kanekotadashi.com/program/

 

姿勢だけでなく、柔軟な体を手に入れることができるストレッチを紹介しています。

 

これからますます暑くなってきますが、水分補給、休息、食事(栄養)をとってどんどん活躍されることをスタッフ一同願っております。

関連記事

  1. 投げる順番が入れ替わってしまうと…

  2. 一塁ランナーを見難い時の対応

  3. 大会前の投球練習のチェックポイント

  4. ポジションに応じた体の使い方

  5. 投げる動作は肩だけで行うわけではありません。

  6. ボールが縦回転する投球フォーム

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る