menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小学生を練習に集中させる方法】
  2. ピッチングマシンになる方法
  3. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  4. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  5. コントロールが良くなる「3ステップ」
  6. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
  7. お子さんが積極的に練習する「言葉かけ」について
  8. スピードが先か?コントロールが先か?
  9. 2019春休み野球教室開催(3月27日)
  10. 【選手が夢中になるバッティング練習メニュー】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

疲れからか腕が下がった時の対処法とは?

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

DVDを購入して息子と2人で勉強させていただきました。

 

まだ日がたっておりませんのであまり変化はわかりませんが昨日、試合がありまして今までで一番のピッチングをしてました。

 

子供はDVDでみたことを意識はしているようです。

 

ただ回をおうごとに疲れからか腕が下がってきてしまいます。

 

本人はきずいていないようです。

 

けがにつながらないか心配です。

 

どう意識させたらよいですか?

 

教えてください。

 

よろしくお願いいたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 大きく体を伸ばしたあと、真っすぐな姿勢を意識すること
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

試合で投げるということは、練習で投げる以上に自分が思っているよりも力が入り疲労がたまります。

 

疲れてくるとどうしても背中が曲がって前かがみになっていきます。

 

前かがみの姿勢になると、腕が動かせる範囲が小さくなってしまい腕(肘)が下がってしまいます。

 

試合中に腕が下がってきた場合(疲れる前からも)、胸を軽く前に出し体の前面(胸)をひろげてあげる意識で大きく両腕を伸ばして外側に回してあげてください。

 

そして一度姿勢を正し、その姿勢で足を上げて投げるようにしてみてください。

 

また攻撃の時間帯でベンチに座っている時も、姿勢を真っすぐにして体の前面を伸ばすことを心がけてください。

 

姿勢についてはコチラの先生の教材がお勧めです。
⇒ http://www.kanekotadashi.com/program/

 

姿勢だけでなく、柔軟な体を手に入れることができるストレッチを紹介しています。

 

これからますます暑くなってきますが、水分補給、休息、食事(栄養)をとってどんどん活躍されることをスタッフ一同願っております。

関連記事

  1. 楽しく感じられない時に怪我のリスクは非常に高まります。

  2. 球速にこだわる投手が選ぶピッチングフォーム ヒップファーストのメ…

  3. フットファーストとは

  4. テイクバックは「小さい」「大きい」どちらが良いのでしょうか?

  5. 投げる動作は肩だけで行うわけではありません。

  6. 「体重移動」を効率的に体得する方法

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。「あれ?どっちだっけ?」恥ずかしい話…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 【小学生を練習に集中させる方法】
  2. ピッチングマシンになる方法
  3. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
ページ上部へ戻る