ボールに力を伝えるための2つのポイント

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

 

【質問】

ピッチングをしていたのですが監督から「力をボールに十分に伝えれていない」と言われました十分に力をボールに伝えるためにはどうしたらいいでしょうか?

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ボールに力を伝えるための2つのポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

「力をボールに十分に伝えれていない」と言われても、あまりピンと来ないのが本当のところですね。

 

 

自分では力が伝わっていると感じているからです。(私も何度も同じことを言われました。)

 

 

まずチェックしていただきたい個所は2つ。

 

 

1踏み出した足が地面に着地してから腕を振っていますか?

 

 

極端に言えば、踏み出す前に腕を振る動作が始まっていませんか?

 

 

足が着地してから腕を振るというリズムをキャッチボールからつけて下さい。

 

 

そうすると下半身(土台)が安定するので腕が自然と強く振れてきます。

 

 

2投げている間、背筋を伸ばしていますか?

 

 

猫背になったり、反ったりしていませんか?

 

 

背筋が曲がっていると力は伝わらないですよね。

 

 

少しお腹周り(腹筋と背筋の下部)に力を入れてあげると、両肩はリラックスした状態で背筋を伸ばすことができます。

 

 

この2つの箇所をチェックして、キャッチボールとピッチングに取り組んでみて下さい。

 

 

上半身、下半身の使い方についてはコチラをご覧ください。

http://www.1baseball-club.com/field_01/

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧