menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  2. お茶をすするヒマがない理由
  3. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
  4. 【試合後、子どもにかけるべきたったひとつの言葉】
  5. 【楽しく運動脳力をアップする練習方法】
  6. 【保護者をファン化する】
  7. 【上達の絶対条件】
  8. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  9. 【体の使い方の基本 足】
  10. 河童が少年達に今一番伝えたいこと
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

ボールに力を伝えるための2つのポイント

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

 

【質問】

ピッチングをしていたのですが監督から「力をボールに十分に伝えれていない」と言われました十分に力をボールに伝えるためにはどうしたらいいでしょうか?

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ボールに力を伝えるための2つのポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

「力をボールに十分に伝えれていない」と言われても、あまりピンと来ないのが本当のところですね。

 

 

自分では力が伝わっていると感じているからです。(私も何度も同じことを言われました。)

 

 

まずチェックしていただきたい個所は2つ。

 

 

1踏み出した足が地面に着地してから腕を振っていますか?

 

 

極端に言えば、踏み出す前に腕を振る動作が始まっていませんか?

 

 

足が着地してから腕を振るというリズムをキャッチボールからつけて下さい。

 

 

そうすると下半身(土台)が安定するので腕が自然と強く振れてきます。

 

 

2投げている間、背筋を伸ばしていますか?

 

 

猫背になったり、反ったりしていませんか?

 

 

背筋が曲がっていると力は伝わらないですよね。

 

 

少しお腹周り(腹筋と背筋の下部)に力を入れてあげると、両肩はリラックスした状態で背筋を伸ばすことができます。

 

 

この2つの箇所をチェックして、キャッチボールとピッチングに取り組んでみて下さい。

 

 

上半身、下半身の使い方についてはコチラをご覧ください。

http://www.1baseball-club.com/field_01/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 2ストライク0ボールという状況

  2. 【前向きになるシンプルな方法】

  3. 肘の上げる意識の切り替え

  4. 少しの意識の変化でピッチングフォーム修正は可能です。

  5. 投げる動作は肩だけで行うわけではありません。

  6. 【ウケウリ】コントロールを劇的に改善する方法

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…
  2. お父さんのための野球教室の桜井です。90分で3キロ泳げるようになったよ。さあ今年…
  3. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…

おすすめ記事

  1. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  2. お茶をすするヒマがない理由
  3. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
ページ上部へ戻る