menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

ボールに力を伝えるための2つのポイント

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

 

【質問】

ピッチングをしていたのですが監督から「力をボールに十分に伝えれていない」と言われました十分に力をボールに伝えるためにはどうしたらいいでしょうか?

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ボールに力を伝えるための2つのポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

「力をボールに十分に伝えれていない」と言われても、あまりピンと来ないのが本当のところですね。

 

 

自分では力が伝わっていると感じているからです。(私も何度も同じことを言われました。)

 

 

まずチェックしていただきたい個所は2つ。

 

 

1踏み出した足が地面に着地してから腕を振っていますか?

 

 

極端に言えば、踏み出す前に腕を振る動作が始まっていませんか?

 

 

足が着地してから腕を振るというリズムをキャッチボールからつけて下さい。

 

 

そうすると下半身(土台)が安定するので腕が自然と強く振れてきます。

 

 

2投げている間、背筋を伸ばしていますか?

 

 

猫背になったり、反ったりしていませんか?

 

 

背筋が曲がっていると力は伝わらないですよね。

 

 

少しお腹周り(腹筋と背筋の下部)に力を入れてあげると、両肩はリラックスした状態で背筋を伸ばすことができます。

 

 

この2つの箇所をチェックして、キャッチボールとピッチングに取り組んでみて下さい。

 

 

上半身、下半身の使い方についてはコチラをご覧ください。

http://www.1baseball-club.com/field_01/

関連記事

  1. 軸足に体重が乗っている感覚とは?

  2. 正確な「送球」するための3つのポイント

  3. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください

  4. 置きに行くようなフォームの修正

  5. ピッチングの球数も計画的に

  6. 内角、外角の投げ分け

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る