「腕のしなり」を使いたい選手が知っておきたい、しなりが使えない3つの原因とは?(後半)

お父さんのための野球教室のブログをご覧の皆さんこんにちは!

京都市北区にあります、MORIピッチングラボ代表の森です。

今回も、野球のピッチングにおけるヒントやコツをお伝えします。

前回は、「腕のしなりを使いたい方へ」の前半の内容でした。

「腕のしなり」を使いたい選手が知っておきたい、しなりが使えない3つの原因とは?(前半)

腕のしなりが上手く使えない原因は主に3つある、というお話でした。

  1. 遠心力を使えていない
  2. 肘の伸展を使えていない
  3. 小指の使い方に問題がある

 今回は、③「小指の使い方」のお話です。

なぜ、小指(薬指)が大切なのだろうか?

結論から言います。

小指(薬指)をうまく使えると、自然と「肩を外旋させる」ことができます。

この肩を外旋させる動きが、腕のしなりを生み出すために重要なのです。

実践しよう

まず、みなさんにやっていただきたいことがあります。

  • 親指
  • 人差し指
  • 中指

の3本の指を、合わせてください。

小指と薬指は、伸ばしておきます。

手の形はそのままで、前腕の回外(手のひらを上に向ける動き)をしてみましょう。

回しやすさを、覚えておいてください。

次に、

  • 小指
  • 薬指

を軽く握って、他の3本の指は伸ばしておきます。

同じように、前腕の回外(手のひらを上に向ける動き)をしてみましょう。

先ほどと比べて、回しやすさはどうでしたか?

小指と薬指を握ったときの方が、動きやすくなりませんでしたか?

小指と薬指をにぎった状態の方が、「前腕の回外」動作がおこないやすくなります。

「回外」「外旋」としなりの関係性とは?

「前腕の回外」が、腕のしなりとどんな関係があるのでしょうか?

「前腕の回外」をしたときに、連動しておこなわれる動きが「肩の外旋」です。

これは、腕のしなりを使うためには欠かせない動きです。

「前腕の回外」をすると、意識しなくても「肩の外旋」がおこります。

リリースの直前の動作は、前腕を回外(手のひらを上に向ける動き)したときが最も大きく動かせます。

肘を前に出しやすくなるので、より大きな腕のしなりが生まれます。

ボールの握り方

しかし、小指と薬指をうまく使えていない選手が多いのが現状です。

これは、ボールの握り方にも表れています。

とくに、少年野球でよくみられる握り方が「わしづかみ」です。

皆さんもぜひ試してみて欲しいのですが、この握り方だと小指と薬指は使えていないのです。

むしろ、邪魔をしていることも。

ボールを持つ時は、必ず小指と薬指は巻き込むように曲げておく必要があります。

手が小さい人は、わしづかみにならざるを得ないときもありますが、なるべく曲げておくクセをつけることをおすすめします。

どうすれば小指を使えるのか?

タオルシャドーピッチング

とはいえ、ずっと使えていない状態ですごしてきたものを、意識一つで使えるようにすることは難しいですよね。

繰り返し体に覚えさせることが必要です。

ここで、正しく使うための改善方法をご紹介します。

まずは、タオルを

  • 小指
  • 薬指
  • 親指

の3本でもちます。

人差し指と中指は伸ばします。

この持ち方をキープしながら、シャドーピッチングをします。

小指、薬指で握っているだけで、いつもより自然と肘が出やすくなるのが分かると思います。

【ステップアップ!】

余裕のある方は、もうひとつ意識を!

投げる瞬間に、小指の側面をキャッチャーに向けることをイメージしましょう。

まとめ

実際にボールを投げるときは、

  • 親指
  • 人差し指
  • 中指

3本でギュッと握るクセがついてしまうことが多いです。

  • 親指
  • 人差し指
  • 中指

の3本で握ってしまうと、前腕が「回内」(手のひらが下を向く動き)してしまい、しなりが生まれにくくなります。

今回のようにタオルで練習することで、

  • 小指
  • 薬指

使う感覚を身に付けることができます。

小指、薬指を使うことで、腕が「外へ、外へ」回りやすくなるので、腕のしなりをつかって投げられるようになります。

前回と今回ご紹介した

  • 遠心力
  • 肘の伸展
  • 小指の使い方

の感覚を身に付けて、腕のしなりを使って投げられるようになりましょう!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com
この記事を書いた人森洋人森洋人
鹿児島県沖永良部島出身
鹿児島樟南高校で甲子園出場
京都市北区北野白梅町で、もり鍼灸整骨院を運営する傍ら、ピッチングラボを開設。
野球専門治療に始まり、ピッチングの指導を行う。
これまで全国3000人近くの選手や子供たちの指導に携わる。
ピッチングラボでは、野球で肩や肘を壊すことなく、長く野球を楽しんでもらうためのサポートをおこなっている。
MORIピッチングラボ代表
もり鍼灸整骨院 院長

関連記事一覧