ピッチャーらしい球を投げるには?

お父さんのための野球教室のブログをご覧の皆さんこんにちは!

京都市北区にあります、MORIピッチングラボ代表の森です。

今回も、野球のピッチングにおけるヒントやコツをお伝えします。

今回は、中学生から受けた質問についてお伝えしたいと思います。

その中学生は、野球の練習中に、たまたま元プロ野球選手の方が来られて投球を見てもらったそうです。

その際に、「ピッチャーの球じゃないね」と言われたそうです。

その中学生は、その意味が分からず、私に聞いてきました。

このブログを読んでくださっている方にも、「ピッチャーの球じゃない」と言われたことがある方はいらっしゃるのではないでしょうか。

ピッチャーの球じゃないとは?

ピッチャーの球というのは、ボールの回転が多く、スライダー成分やシュート成分が入らずに、ボールがキレイに回っていくことを言います。

体感的には、沈まない伸びるボールを投げれるのがピッチャーらしいということになります。

ピッチャーらしい球を投げるには?

私が考える一番重要なポイントは、踏み出した足のブレーキをうまく使えているかどうかというところにあると考えています。

  • 足を前に踏み出した時に、膝や足が前に出たり横にぶれたりせずにしっかり踏ん張る
  • リリース時にも前の足で踏ん張る

ことができれば、股関節に支点を作ることができます。

股関節に支点ができると、上半身が加速するので、腕の振りが早くなります。

この腕の速さが、ボールに回転を加え、キレを生み出すんです。

私自身、子供たちや選手などをピッチャーとして成功するかどうかと見る際には、ブレーキをうまく使えているかどうかに注目します。

野手は基本的に流れの中で投げるので、そのブレーキはあまり意識することはありません。

ですので、野手がピッチャーをして、、、ということになれば、ブレーキをうまく使えていないのでピッチャーの球筋になることは難しいです。

ピッチャーと野手は、投げ方がそもそも違います。

  • ピッチャーの場合、より軸足にタメを作ってエネルギーを蓄えて投げる(開きを抑える)
  • 野手の場合、早くボールを取って早く投げないといけませんので体が早く開きます。

つまり、野手がピッチャーをすると、ブレーキがうまく使えず、体が早く開いてしまいます。

ピッチャーの球だと言われるようになりたければ、まずは、骨盤の開きを抑えてタメを作ったうえで足のブレーキを使います。

それができれば、股関節を支点として上半身が加速するので、ボールの回転や軌道が良くなる可能性があります。

注意すること

回転させることにとらわれて、指先や手首を使うことばかりへの意識が強くなりがちです。

しかし、手や指先は最終的な段階です。

下半身から上半身へ連動した最終の段階ですので、まずはその前段階を気を付けるように、手ばかりに意識が行かないようにしましょう。

この記事を書いた人森洋人森洋人
鹿児島県沖永良部島出身
鹿児島樟南高校で甲子園出場
京都市北区北野白梅町で、もり鍼灸整骨院を運営する傍ら、ピッチングラボを開設。
野球専門治療に始まり、ピッチングの指導を行う。
これまで全国3000人近くの選手や子供たちの指導に携わる。
ピッチングラボでは、野球で肩や肘を壊すことなく、長く野球を楽しんでもらうためのサポートをおこなっている。
MORIピッチングラボ代表
もり鍼灸整骨院 院長

小中学生を対象としたオンライン野球教室を開催します!

2021年オンライン野球教室開催!お子さんがライバルに差をつけるとっておきのバッティング上達法を直接指導します。4月16日(金)19:30スタート

テーマは「ジャストミートで遠くに飛ばせるバッティングを自宅で一緒に身に付けよう!」です。

少年野球指導のスペシャリストと一緒に練習して効率よく上達しませんか?

素振りができるスペースさえあれば、ご自宅から受講できます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧