リリースポイントを前にするための方法とは?

お父さんのための野球教室のブログをご覧の皆さんこんにちは!

京都市北区にあります、MORIピッチングラボ代表の森です。

今回も、野球のピッチングにおけるヒントやコツをお伝えします。

今回のテーマは、「リリースポイントを前にするための方法」です。

リリースポイントが前の方が良い理由とは?

これは、いろんなデータで裏付けされている事実です。

リリースポイントを前にすることで、パフォーマンスがアップし、ケガをしにくくなることも期待できます。

また、肘の負担が少なくなるというデータもあります。

しかし、リリースポイントを前にしようとする過程の中で、間違った意識や間違った方法で行うことで、むしろパフォーマンスの低下がおこったり、肩や肘を痛めるリスクも出てきます。

ですので、正しい知識を持って、正しい方法を実践することが非常に大切です。

前に突っ込むのはいけない

まちがった意識の仕方で一番多いのが、上体が突っ込んでしまうというものです。

リリースポイントを前にしたいがために、体全体が前に突っ込んで投げてしまう。

上体が突っ込んでしまうと、

  • 腕に力が入らない
  • 身体に力が伝わらない

ということがおこります。

そしてもう一つ悪い影響は、体に対して腕が遅れてしまうので、肩肘を痛めるリスクが増えます。

ですので、リリースポイントを前にしようとして上体が突っ込んでしまう方は、早急に直していただきたいと思います。

なぜ、リリースポイントが前になるのか?

ポイントは、「グローブ側の肩と股関節を支点にして回転する」ということです。

グローブ側の肩と股関節を支点にして回転すると、結果的にリリースポイントが前になります。

グラブブロッキングとは違う?

以前に、グラブ側の肩で支点を作るという話をしたときに、「肩は引くのではなく少し出すくらいの使い方をするんですよ」といった解説をしているんですが、それに対して、「グラブ側でブロックを作るというのは、グラブブロッキングになるのではないですか」というご質問をいただきました。
※グラブブロッキング  グローブ側で止めることで、体幹が回転できず腕だけで投げてしまうこと。

ご質問の意図は、すごくよくわかります。

実際にそのような動作で投げてしまえば、ものすごく肩に負担が掛かります。

しかし、本当にきちんとグローブ側で支点を作ることが出来ていれば、「グラブブロッキング」にはなりません。

つまり、グローブを止めてしまうことで、むりやり投球側の肩を支点にして投げるしかないという結果になります。

なぜ、こうなってしまうのか?

両者の違いはどこにあるのか?

ポイントは、「股関節」にあります。

回転の支点は股関節

股関節に支点がないと、骨盤の回転がスムーズにできません。

骨盤が回転せずに上半身だけで回転させようとすると、体がねじれてこれ以上引けないという限界がきます。

結果的に、足りない回転を腕だけで補おうとしてしまい、窮屈な投げ方にも見えます。

ですので、グローブ側の股関節を支点に回転することで、正しくリリースポイントを前にすることが出来ます。

グラブを引いて投げろは間違い?

もう一つ、気を付けなければならない点があります。

間違った指導の中で、「グラブ側の肩を引いて投げろ」と言われることがあります。

正しい回転をした場合、グローブ側の肩を支点にして前に行くので、投球側の肩に対して、グローブ側の肩は結果的に後ろに位置することになりますよね?

元々の位置は変わっていないのですが、これを見て肩を引いていると間違って解釈した人が、「肩を引け」と指導します。

これは、本当に良くないと思います。

肩を引いてしまうと、回転の軸となる部分が体の中心になってしまいます。

つまり、リリースポイントも手前になってしまうということです。

肩を引いているように見えるだけで、実際には肩の位置は変わらないので注意しましょう。

リリースを前にするために取り組みたい練習方法とは?

では、リリースポイントを前にするために、「グローブ側の肩と股関節を支点にして回転する」ための練習方法をお伝えしていきます。

①内野手のスナップスロー

肩、股関節に支点を作るには、内野手のスナップスローを参考にしてください。

このスナップスローは、グラブ側の肩・股関節でブレーキを効かせている状態です。

内野手は、グラブ側の肩を内に入れるぐらいにして投球します。

これは、肩で支点を作る動作のわかりやすいパターンです。

実際には、投球動作というのは回転運動が大きいので、支点を作ってもグラブ側の肩は引かれます。

ですので、これは支点を作る感覚を養う練習と思って行ってください。

腕が加速する感覚が、わかるようになります。

②ボクシングや空手のパンチ

ボクシングや空手のパンチも、同じです。

右手を後ろに引いてパンチしている姿なんて、見たことないですよね?

右手で壁を作ることで、より強いパンチが出来ます。

また、前の足の股関節を支点にして、しっかりと骨盤が回転しきっています。

股関節が回りきるから、身体も回転するんです。

リリースポイントが後ろにある子供たちに、「ボクシングのパンチやってみて」と言うと、みんな手を遠くから振り回すように動かすんですね。

ボクシングのストレートをパンチして、肩はどうなっているのか。

遊びの中で、行ってみるのも良いでしょう。

③私自身の経験から

そして、私自身も支点を作る動作が苦手で、肩を痛めた経緯がありました。

しかし、こんな方法で克服したんです。

投げる時に、「グローブ側の肘をしたにグッと下げ、下げた瞬間に肩と股関節を踏ん張る」という方法です。

ただ肘を下げるのではなく、

  • グラブ側の肋骨を締める
  • わき腹をクッと縮める

ような使い方です。

よく腕の位置について議論されることがあるんですが、それよりも肋骨を締める感覚が大切です。

いろんなパターンがあると思いますが、気になる方は私のやり方も参考になさってください。

まとめ

今回は、リリースポイントを前にするための方法をお伝えさせていただきました。

リリースポイントを前にすると、

  • ピッチングでバッターを抑えることができる確率も上がる
  • スピードも上がる
  • 肩肘の損傷を防ぐこともできる

と思います。

ぜひ参考になさってください。

今なら、たったの980円(税込)で少年野球の専門家があなたのお子さんのバッティングをチェックして丁寧にアドバイスします

この記事を書いた人森洋人森洋人
鹿児島県沖永良部島出身
鹿児島樟南高校で甲子園出場
京都市北区北野白梅町で、もり鍼灸整骨院を運営する傍ら、ピッチングラボを開設。
野球専門治療に始まり、ピッチングの指導を行う。
これまで全国3000人近くの選手や子供たちの指導に携わる。
ピッチングラボでは、野球で肩や肘を壊すことなく、長く野球を楽しんでもらうためのサポートをおこなっている。
MORIピッチングラボ代表
もり鍼灸整骨院 院長

関連記事一覧