ピッチャーのフォーム改善に必要な段階とは?

お父さんのための野球教室のブログをご覧の皆さんこんにちは!

京都市北区にあります MORIピッチングラボ 代表の森です。

今回も、野球のピッチングにおけるヒントやコツになることをお伝えします。

今回のテーマは、「投球フォーム改善の3ステップ」です。

当院には

  • 野球肩や野球肘で悩んでいる選手
  • 投球のスキルアップをしたいということで投球指導を受けに来られる方

がたくさんいらっしゃいます。

その方たちとお話をしている中で、

  • 開きを抑えるためにはどうすればいいのか。
  • 肘の位置を正しいポジションに持っていくのはどうすればいいのか
  • タメを作るにはどうすればいいのか

というようなご相談をよくいただきます。

実は、このようなフォームの改善を実現するには、段階を踏んだステップが必要にります。

このステップを踏んでいかないと、最終的な投球動作やフォームを改善することが困難になることが多いです。

今回は、どのような段階・ステップを踏んで行けば良いのか、ということについてご紹介していきます。

フォーム改善の3ステップ

  1. フィジカル(柔軟性や筋力のこと)
  2. 体の使い方(軸足の股関節のための作り方であったり、開きを抑える体の使い方であったり)
  3. 投球フォーム(最終的に完成された形)

このような順番で改善していくのが、理想です。

しかし、多くの方が1と2のステップをすっ飛ばして、3ステップの投球フォームを改善しようとします。

例えば、

  • ゼロポジションでどうやって投げるか
  • 肘をどうやって上げようか
  • 体の開きをどうやって抑えようか

など、そこにフォーカスしてしまうんです。

しかし、そもそも

  • 体の柔軟性に問題がある
  • 体の使い方に問題がある

など、うまくフォームを改善することができないんです。

例えば、プロ野球選手のようにいい投げ方をしようと思っても、最初に1,2番の問題が解決できないと、しっかり真似をするのは不可能です。

投球フォームを変えたいのであれば、

  • フィジカルの問題
  • 投球フォーム

を改善しなければいけない、ということになります。

というわけで、ファーストステップは「フィジカルの問題」です。

フィジカルにおける大切なポイント

フィジカルで特に大切なポイントは、股関節の柔軟性体の安定性です。

股関節の柔軟性とは、

  • 開脚
  • 股割り
  • 股関節の内旋・伸展

といった、可動域が重要なんです。

これができないと、次の段階の「開きを抑える」という体の使い方ができません。

投球フォームを治したい方は、まずはじめにこのフィジカル面を改善してください。

  • 草野球をされている方
  • ジュニアの選手

は、股関節の柔軟性や自分の身体を支える筋力が不十分な場合が多いです。

そこが不十分であれば、体の使い方も上手くいかないし、投球フォームもバランスを崩してしまいます。

フィジカルや体の使い方がうまくなれば、投球フォームは自然に変わってきます。

この最初の2つがクリアできていて、その結果として導き出されたフォームというのは、その人のオリジナルの投球フォームということになります。

投球フォームは、人によって違って当然です。

誰かのフォームを真似する以前に、まずはステップ1、2にトライしてみましょう。

まとめ

今回は、投球フォームを改善する3つのステップをご紹介しました。

投球動作を改善したい方の入り口になってくる、フィジカル面での練習をしてもらうことがお勧めです!

 

この記事を書いた人森洋人森洋人
鹿児島県沖永良部島出身
鹿児島樟南高校で甲子園出場
京都市北区北野白梅町で、もり鍼灸整骨院を運営する傍ら、ピッチングラボを開設。
野球専門治療に始まり、ピッチングの指導を行う。
これまで全国3000人近くの選手や子供たちの指導に携わる。
ピッチングラボでは、野球で肩や肘を壊すことなく、長く野球を楽しんでもらうためのサポートをおこなっている。
MORIピッチングラボ代表
もり鍼灸整骨院 院長

関連記事一覧