【少年野球】知らないと損する!コントロールの改善法!

投手を指導する上で知らないと損をする

皆さんこんにちは

京都市北区にあります MORIピッチングラボ 代表の森です

今回も学童野球や少年野球のピッチングにおけるヒントやコツをお伝えします。

今回のテーマはコントロールを簡単に改善する方法です。

簡単に改善する」というと、少しおこがましいような気もします。

しかし、今回ご紹介する方法は本当に簡単かつ効果的な方法です。

以前、ボールのコントロールを良くするには自分の身体をコントロールできなければならないというお話をさせていただきました。

本来であれば、股関節の柔軟性を高めるトレーニングや、体のぐらつきがなくなるようなバランスのトレーニングを行わなければなりません。

しかし、そういった努力をせずにコントロールを良くする方法というのもあります。

そのポイントとなるのが、ステップ幅です。

コントロールを良くするには、今ご自身が持っているステップ幅より狭めて下さい。

まずは足半個分でもいいですし、足1つ分くらいの幅を短くしてもいいと思います。

通常の方は6歩~6歩半が持たれているステップ幅なんですが、その幅を少し縮めるということです。

なぜステップの幅を狭くするとコントロールが安定するのか?

まず、股関節が硬い人というのは、足を踏み出した時に股割りの形を作ることができません。

つまり、股関節が硬いと踏み出し足が開けば、それにつられて軸足も早く回転してしまうんです。

軸足が早く回転してしまうと、体の開きが早くなります。

このように骨盤の開きが早くなると、リリースポイントも安定しないのでコントロールが悪くなります。

開脚の度合いが狭い人は、十分なステップ幅が取れずに軸足がそれにつられて早く離れます。

それにより、上体が突っ込み、リリースポイントが安定せず、コントロールが悪くなります。

そういう問題がある方がステップ幅を狭くすることで、今の自分の柔軟性でも十分身体を支えることができ、体の開きを抑えることができます。

ステップの幅を狭くすると手投げになる?

良くこのようなご質問をいただきます。

イメージではステップ幅を狭めることで下半身が使えなくなる、上体投げになる、そう思われる方が多いのではないでしょうか。

しかしそれは違います。

歩幅を狭くするとリリースポイントが高くなりますが、これは上体投げとは言いません。

「上体投げ」とはあくまで上半身に頼った投げ方のことです。

足幅をいくら広げても、その力を上半身に伝えられなければ、逆に上半身に力が入って「上体投げ」になります。

歩幅を狭めるとは、あくまで踏み出した足が一番安定して使える歩幅にすることです。

踏み出した足が安定して下半身の力を支えるブレーキの働きができれば、よりボールも早くなるしコントロールも良くなります。

例えば、巨人の上原投手やMLB前田健太投手、広島の黒田投手などは上体が高いように見えます。

これらの投手は上体投げでしょうか?まさかそんな風に思う人はいませんよね。

広ければ広い方がいいというわけではないということです。

メジャーリーグの投手も、上体や腰が高いピッチャーが多いです。

言い方を変えると自分の体をコントロールできる歩幅を知っているということです。

まとめ

コントロールが悪く、「股関節は硬いし、筋力もないし・・・」と思われる方はまずステップの幅を狭くして、踏み出し足で踏ん張ってみる。

そして股関節の柔軟性を高め、軸足でバランスを取る練習をしてみて下さい。

柔軟性や筋力の弱い学童野球や少年野球の小学生・中学生におすすめのコントロール改善方です。

ぜひ試してみて下さい!

 

 

この記事を書いた人森洋人森洋人
鹿児島県沖永良部島出身
鹿児島樟南高校で甲子園出場
京都市北区北野白梅町で、もり鍼灸整骨院を運営する傍ら、ピッチングラボを開設。
野球専門治療に始まり、ピッチングの指導を行う。
これまで全国3000人近くの選手や子供たちの指導に携わる。
ピッチングラボでは、野球で肩や肘を壊すことなく、長く野球を楽しんでもらうためのサポートをおこなっている。
MORIピッチングラボ代表
もり鍼灸整骨院 院長

小中学生を対象としたオンライン野球教室を開催します!

2021年オンライン野球教室開催!お子さんがライバルに差をつけるとっておきのバッティング上達法を直接指導します。4月16日(金)19:30スタート

テーマは「ジャストミートで遠くに飛ばせるバッティングを自宅で一緒に身に付けよう!」です。

少年野球指導のスペシャリストと一緒に練習して効率よく上達しませんか?

素振りができるスペースさえあれば、ご自宅から受講できます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧