【少年野球】トラックマンのデータが示す投手が肘を壊す衝撃の原因

トラックマンのデータ

お父さんのための野球教室の長田です。

学童野球や少年野球の選手、特に投手には気っても切れない故障の代表である野球肘。

この野球肘が起こる原因の一つを、「トラックマン」が明らかにしてくれました。

「トラックマン」とは?

トラックマンとは、デンマークのTRACKMAN社が開発した弾道測定機器のこと。

元々軍事用に開発された機器で、レーダーによってボールをトラッキング(追尾)することが出来ます。

ゴルフで弾道の計測機器として採用され、その後野球界でも導入球団が増えてきている。

球速や打球の角度、リリースポイントや回転数といった様々な取得データは非常に高精度で、各球団はチームの強化や戦略に活用されている。

そのトラックマンがメジャーリーガー140人の投手を数年にかけて採取したデータを分析。

肘を痛めた投手の傾向をはじき出した。

今回は、MORIピッチングラボ代表の森氏にこのデータについて解説していただきました。

詳しくはこちらの動画をご覧ください!

 

この記事を書いた人長田真樹長田真樹

お父さんのための野球教室担当。
過去、小学生からプロ野球選手2,000人以上のパフォーマンスアップに貢献。
現在、京都先端科学大学硬式野球部のコーチをしながら、中学校野球部の息子を持つ現役お父さんコーチとしても日々奮闘中。

関連記事一覧