【少年野球】ピッチング・ 下半身の使い方「片足バランストレーニング」

広島カープ佐々岡監督の推奨トレーニング

お父さんのための野球教室の長田です。

今回は、広島カープの佐々岡監督が推奨する、投手トレーニングをご紹介しましょう。

ピッチングフォームの最初の動作といえば、片足で立つこと。

右投手であれば、右足で立つことが最初の動作になります。

言葉にすれば、片足立ちということになりますが、ここがピッチングにとって重要なことは、改めていうことでもないと思います。

しかし、この片足立ちは、あまり練習することがありません。

重要なことはわかるんですが、片足立ちの出来ない選手はほぼいませんので、あえて練習メニューには入れないのが普通です。

少年野球においても、片足立ちだけを練習しているチームは稀です。

今回は、この片足立ちの重要性をもう一度見直してみたいと思います。

メジャーのコーチも重要視している

元プロ野球の投手がメジャーに移籍した時、ピッチングコーチから「何を指導されたか?」という質問をうけたときの話です。

答えは、「後ろ足で真っ直ぐ立つ」ということだけを指導せれたと答えていました。

それだけ?

そう思って、拍子抜けしてしまったことがありました。

逆にいうと、それだけでいいということなんでしょう。

片足できちんと立てないと、その後の動作に大きな影響がでるということなんでしょうね。

スタートのバランスが悪いと、それ以降の動きが悪くなることが分かっているということです。

だから、これしか指導しないし、これが上手くできれば、その後は上手くいくとわかっているんですね。

どんな練習方法が有効か

そこで、佐々岡監督はどんな練習方法を進めるのか?

バランスクッションの上で片足立ちをするという、シンプルなトレーニングです。

ただ、片足で立つだけなら慣れればできます。

そんなに難しくないでしょう。

大切なのは、股関節に乗っているか?どうか?

そのままでピッチングに入れるかどうかです。

ピッチングにつながるバランスで立てるかどうかが、このトレーニングの目的ですので注意してください。

動画で確認

佐々岡監督が自ら選手を指導していただいている動画を見て、ポイントを確認しましょう。

どこに注意するのか、どんな立ち方が正解なのか?

しっかりとチェックしてください。

佐々岡監督の動画はこちら↓

 

お父さんのための野球教室初月無料キャンペーン


この記事を書いた人長田真樹長田真樹

お父さんのための野球教室担当。
手塚一志の上達屋、大阪道場長を歴任、小学生からプロ野球選手2,000人以上のパフォーマンスアップに貢献。
2011年~2021年、京都学園大学・京都先端科学大学硬式野球部コーチを歴任、リーグ優勝・全日本大学選手権大会・明治神宮大会出場。
現在も学童野球から高校野球までを幅広く指導。
中学校野球部の息子を持つ現役お父さんコーチとしても日々奮闘中。

関連記事一覧