【少年野球】リリース感覚を磨く練習方法

急にボールが垂てしまう

昨日、外部コーチをしている大学の硬式野球部の練習に参加していたとき、一人の投手が目に留まりました。

いつもの伸びのいいボールを投げるのに、キャッチボールのボールが相手の手前で明らかに失速して垂れている。

どうしたのかな?と思って、本人に聞いてみました。

「イメージ通りのボール投げられてる?」

そうすると、「ここ数日ボールが指に掛かっている感覚がない」と話してくれました。

このケースは、意外に起こっていると思います。

大学生に限ったものではありません。

小学生でも今日は、いつもよりボールが走ってないなぁ。という日があると思います。

ここをチェックしてください

そんな時、チェックしてもらいたいポイントがあります。

それは、リリースのあとの指です。

リリースを過ぎた指先を見てください。

指び掛かっていないリリースをしている投手の指は、人差し指と中指が伸びていることがあります。

これは、リリースの時、指先で押しているだけの可能性があります。

指に掛けるのと、押すのとでは、回転のかかり方が違ってきますので。伸びるか垂れるかの差になってきます。

指に掛かっている投手の指は、リリースを過ぎた時、まだボールを握っているかのように曲がっていると思います。

練習方法

さて、このボールに指が掛かっていないリリース感覚を取り戻す練習方法をご紹介します。

特に、リリースのあと指が伸びている投手は試してみてください。

まず、ボールを3本の指で握ります。

指先を縫い目(山)にあてて、3本の指でバランスよく握ります。

そして、逆の手で握ったボールを引っ張って抜こうとしてください。

握った手のほうは、ボールを取られないように指先に力を入れて耐えましょう。

時間は3秒間。

3秒たったら、少し指先の力を緩めて、ボールがギリギリ抜けるように力調整します。

これを10セット行います。

このとき、指の力は少し緩めますが、伸ばさないように注意してください。

ボールが抜けてもまだボールを握っているような手の形になるようにしましょう。

まとめ

リリースの感覚は、毎日少しずつ変化します。

変化が大きくなると、急いボールの伸びがなくなることがありますので、注意が必要です。

投げる前に10回、時間はかかりませんので、試してくださいね。

今回は、リリース感覚を磨く練習方法をご紹介しました。

 

人気動画チャンネル登録すべき少年野球指導YouTube

この記事を書いた人長田真樹長田真樹

お父さんのための野球教室担当。
過去、小学生からプロ野球選手2,000人以上のパフォーマンスアップに貢献。
現在、京都先端科学大学硬式野球部のコーチをしながら、中学校野球部の息子を持つ現役お父さんコーチとしても日々奮闘中。

小中学生を対象としたオンライン野球教室を開催します!

2021年オンライン野球教室開催!お子さんがライバルに差をつけるとっておきのバッティング上達法を直接指導します。4月16日(金)19:30スタート

テーマは「ジャストミートで遠くに飛ばせるバッティングを自宅で一緒に身に付けよう!」です。

少年野球指導のスペシャリストと一緒に練習して効率よく上達しませんか?

素振りができるスペースさえあれば、ご自宅から受講できます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧