menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【上達の絶対条件】
  2. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  3. 【体の使い方の基本 足】
  4. 河童が少年達に今一番伝えたいこと
  5. 【武術的身体操作の基礎 胸】
  6. 【ウケウリ】コントロールを劇的に改善する方法
  7. 【プレーの結果をほめるのは危険です】
  8. 【前向きになるシンプルな方法】
  9. 【ヒット量産する方法】
  10. 【それでもチャレンジしますか?】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

【体の使い方の基本 足】

お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球ソフトボール瞬達塾の
川端健太です!

今日は、先週に引き続き
体の使い方の基本を紹介しますね!

今日は、足の使い方です。

足の使い方の基本は、
いつでも動き出せるように
やわらかく使うことです。

ということは、バッティングやリードで
膝を深く曲げて足に力を入れてる選手は
間違った使い方を
しているということですね。

なぜ、足に力が入っていてはいけないか
というと、動けないからです。

この使い方で勘違いしてほしくない
ことがあります。

膝を深く曲げることが
間違ってるのではなくて、
足に力を入れてることが
間違いだということを
覚えておいてください。

ですから、膝をほとんど曲げてなくても
力を入れていたら間違った
使い方になるということです。

と言ってますが、
足に力を入れてない選手って、
100人に一人いるかなぁ程度です。

プロに行った選手でも
初めて会ったときは力が入ってました。

ということは、力を抜けたら凄い!!

次の練習から
足の力を抜くことを
オススメします。

今日も最後までお読み頂き
ありがとうございます!

あなたの教え子さんや
お子さんが瞬達しますように!!

走塁の基本はこちら↓

http://rs39.net/c/bb/cbyk_1/bl/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 投球フォームは小学生の腕に負担のかかる?毎日投球練習はどうすれば…

  2. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください

  3. スピードある投手のコントロールとは?

  4. 投げる動作は肩だけで行うわけではありません。

  5. 軸足に体重が乗っている感覚とは?

  6. 監督及びコーチから、 投球フォームを直すように言われたら…

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…
  2. お父さんのための野球教室の桜井です。「俺」。突然、小学一年生の息子が「俺」と言い…
  3. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…

おすすめ記事

  1. 【上達の絶対条件】
  2. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  3. 【体の使い方の基本 足】
ページ上部へ戻る