【前向きになるシンプルな方法】

こんばんは。
お父さんのための野球教室の桜井です。

回りくどいのは嫌。
だから結論から言うと、

この手紙では「must」を
減らしていきませんか?
ってことを言います。

mustとは、「しなければならない」
って意味だよね。

たぶん中学2年生くらいで
習ったと思う。

mustは誰にでもあるよね。

会社に行かなければならないとか、
勉強しなければならないとか、
練習しなければならないとかとか。

でも、あんまりmustを抱えると
ぶっちゃけ、しんどいよね。
はぁ~ってなる。

だからね、mustを減らして
みませんでしょうか?

たとえば野球。

一生懸命に練習しなければならない
ってmustがある。

一生懸命にやらない息子を見ると
「ならば、やめてしまえ」と
思っちゃう。

その気持ちの裏には、
練習しないと上手くならない
って常識があると思うんだけど、

でもね、プロ野球選手は子どもの頃、
1日も途切れることなく、
一生懸命に練習してたのか?ってこと。

ざっくり全体を振り返ると、
一生懸命に練習したかもしれない。

でも絶対に朝起きた時に
「あ~、雨降らないかな」
「練習休みにならないかな」
って思ったことあるよね。

「今日、ちょっと風邪気味で」って
さぼった日もあるよね。
休んだ日もあるよね。

絶対に完璧じゃないよね。

だからね、一生懸命練習しよう!
って思うときはそれでいい。

だけど、一生懸命に練習しなければ
上手くならないって思わなくていい。

そんなのしんどいじゃん。
自分で自分を追い込まなくて
いいじゃん。

その変わり、
1球だけ全力で投げてみようとか、
バッティングだけ頑張ってみようとか、

「ちょっとやってみよう」を
増やしてみよう。

もうね、僕たち大人が子どもだった
頃の常識は、非常識ですよ。

メジャーリーグで日本人が
二刀流で活躍する時代ですよ。

そのうちね、サッカー選手と
野球選手の壮大な二刀流も
出てきますよ。

もう昭和じゃなくて、令和ですよ。
mustなんて、ありゃしませんよ。

だからね、must口笛を吹きながら
ちょっとずつ捨てていく。

で、ちょっとやってみるを増やしてく。

そうするとね、
気持ちが前向きになっていく。

そう思ってます。

持っているものを
活かして、無駄を
そぎ落とす指導法はこちら↓

https://rs39.net/c/bb/cbsh_1/bl/

小中学生を対象としたオンライン野球教室を開催します!

2021年オンライン野球教室開催!お子さんがライバルに差をつけるとっておきのバッティング上達法を直接指導します。4月16日(金)19:30スタート

テーマは「ジャストミートで遠くに飛ばせるバッティングを自宅で一緒に身に付けよう!」です。

少年野球指導のスペシャリストと一緒に練習して効率よく上達しませんか?

素振りができるスペースさえあれば、ご自宅から受講できます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧