menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【上達の絶対条件】
  2. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  3. 【体の使い方の基本 足】
  4. 河童が少年達に今一番伝えたいこと
  5. 【武術的身体操作の基礎 胸】
  6. 【ウケウリ】コントロールを劇的に改善する方法
  7. 【プレーの結果をほめるのは危険です】
  8. 【前向きになるシンプルな方法】
  9. 【ヒット量産する方法】
  10. 【それでもチャレンジしますか?】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

【前向きになるシンプルな方法】

こんばんは。
お父さんのための野球教室の桜井です。

回りくどいのは嫌。
だから結論から言うと、

この手紙では「must」を
減らしていきませんか?
ってことを言います。

mustとは、「しなければならない」
って意味だよね。

たぶん中学2年生くらいで
習ったと思う。

mustは誰にでもあるよね。

会社に行かなければならないとか、
勉強しなければならないとか、
練習しなければならないとかとか。

でも、あんまりmustを抱えると
ぶっちゃけ、しんどいよね。
はぁ~ってなる。

だからね、mustを減らして
みませんでしょうか?

たとえば野球。

一生懸命に練習しなければならない
ってmustがある。

一生懸命にやらない息子を見ると
「ならば、やめてしまえ」と
思っちゃう。

その気持ちの裏には、
練習しないと上手くならない
って常識があると思うんだけど、

でもね、プロ野球選手は子どもの頃、
1日も途切れることなく、
一生懸命に練習してたのか?ってこと。

ざっくり全体を振り返ると、
一生懸命に練習したかもしれない。

でも絶対に朝起きた時に
「あ~、雨降らないかな」
「練習休みにならないかな」
って思ったことあるよね。

「今日、ちょっと風邪気味で」って
さぼった日もあるよね。
休んだ日もあるよね。

絶対に完璧じゃないよね。

だからね、一生懸命練習しよう!
って思うときはそれでいい。

だけど、一生懸命に練習しなければ
上手くならないって思わなくていい。

そんなのしんどいじゃん。
自分で自分を追い込まなくて
いいじゃん。

その変わり、
1球だけ全力で投げてみようとか、
バッティングだけ頑張ってみようとか、

「ちょっとやってみよう」を
増やしてみよう。

もうね、僕たち大人が子どもだった
頃の常識は、非常識ですよ。

メジャーリーグで日本人が
二刀流で活躍する時代ですよ。

そのうちね、サッカー選手と
野球選手の壮大な二刀流も
出てきますよ。

もう昭和じゃなくて、令和ですよ。
mustなんて、ありゃしませんよ。

だからね、must口笛を吹きながら
ちょっとずつ捨てていく。

で、ちょっとやってみるを増やしてく。

そうするとね、
気持ちが前向きになっていく。

そう思ってます。

持っているものを
活かして、無駄を
そぎ落とす指導法はこちら↓

https://rs39.net/c/bb/cbsh_1/bl/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. ボールに力を伝えるための2つのポイント

  2. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください

  3. 【ヒット量産する方法】

  4. 投げる動作は肩だけで行うわけではありません。

  5. ポジションに応じた体の使い方

  6. コントロールが乱れた時の対処方法とは?

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…
  2. お父さんのための野球教室の桜井です。「俺」。突然、小学一年生の息子が「俺」と言い…
  3. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…

おすすめ記事

  1. 【上達の絶対条件】
  2. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  3. 【体の使い方の基本 足】
ページ上部へ戻る