【少年野球】ピッチング・踏み出し足の動きについて

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

【質問】

よく高校野球やプロ野球で投手が、足を上げてからキャッチャー方向に足を下ろす時に、コンパスを回すように足を伸ばし気味に円を描くように下ろすのを見ます。

これは腰が横回転になるので良くないのでは?

と思いますが、やってよいものなのかどうか教えてください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 踏み出し足の動き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

足を上げると当然体の前に足が位置しますので、そこから踏み出すと若干ではありますが足の動きは円状にはなります。

「コンパスを回すように足を伸ばし気味に円を描くように下ろすのを見ます。これは腰が横回転になるので良くないのでは?」

確かにこの状態は一度足をセカンド方向に持っていくため、上半身にセカンド側へ力がかかりその反動で横回転に有利な力が働きます。

ただ大事なのは踏み出した(着地した)タイミングでどれだけ、力を真っ直ぐにホーム方向へ向けることが出来るかです。

そのためには踏み出した足にホーム方向に真っ直ぐに体重移動し、上半身は両肩のラインを崩さない状態を保つことが大切です。

足の動かし方はその選手の特徴の出る部分でもあり、出来るだけ尊重をしてあげたい部分でもありますので、まずは足の動作はあまり意識せずに踏み出した後の力の向け方を意識してみて下さい。

これがあまりにも横ブレするようであれば足の動かし方を見直すという手順が良いと判断します。

 
人気動画チャンネル登録すべき少年野球指導YouTube
 

この記事を書いた人川端健太桜井一
お父さんのための野球教室
1978年生まれ。奈良県出身。大学関西地方リーグで最優秀投手賞(’97年)、最優秀選手賞(’99年)を受賞し、野球部創設以来初の全国大学野球選手権大会に2度出場。最高成績はベスト8。東海地区、社会人野球の名門へ進み、社会人野球の甲子園である都市対抗野球大会に2度の出場。引退後は、人気野球指導ブログ「お父さんのための野球教室」を開設。体系的でわかり過ぎる野球指導法は小学生の保護者に爆発的な支持を得て、DVDや書籍化。現在も、ブログでの指導法の発信、高校野球の現場で学生野球選手のサポート活動を精力的に行う。

関連記事一覧