野球では“この体勢”が最強です!

こんにちは!
お父さんのための野球教室の桜井です。

今日は「半身は最強」というお話。

「投げる動きはダーツの投げ方」
っていつも言うんですが、
ピンとこない人も多い。

その最大の理由が
「投げるイメージの違和感」。

「なんかイメージが違うんだよね」
って思っちゃうわけです。

で、ほとんどの人の
投げるイメージは、
あれじゃないかと思うんです。

体の正面をバッターに向けて腕を
振るピッチャーの写真。

ユニホームのチーム名が見えて
腕が伸びたピッチャーの写真
あるじゃないですか?

そう、あの動きのイメージが
頭の中にあるんですね。

たしかにダイナミックなカットだ
から見栄えするんだけど、

体の正面をまっすぐ向けて投げる
と上手くいかない。だって、

あの状態は「動きの途中」だから。

投げる動作を簡単に言うと、
上半身はダーツの投げ方で2塁に
向かって投げるんですよ。

で、そこに下半身の捻りが
加わることで、キャッチャーに向
かってボールがいくわけです。

で、体の正面で投げているイメージ
は、その動きの途中ですよね。

だからそこを目指しちゃいけない。

ゴールを目指さなきゃいけないのに
中間地点を目指すと迷子になる。

だからボールが引っかかったり
抜けたりしてコントロールが
バラつくわけです。

で、ここからが本題。

体の正面を向けたまま腕を振ると、
スピードも激落ちする。

その理由は半身じゃないから。

例えばドアを押す時。
ドアにまっすぐ体を向けてドアを
押すより半身でドアを押す方が
強く押せるでしょ?

それと同じ。

ボールに強い力を加えられるのが
ダーツの投げ方、つまり半身なんだ。

投げるだけじゃないよ。
バッティングも半身でしょ?

走るのだって正面向いているっぽい
けど、走り出しの一番力がいる
ときは半身から始める。

野球だけじゃないよ。バスケット
のワンハンドシュートだって力が
いるからダーツのように半身でしょ?

バレーボールのスパイクも、
テニスのサーブも同じだよね。

電車でも、ブレーキがかかった時、
半身だと耐えられたりする。

半身って最強だと思いません?

それをちょっと頭の片隅においとくと、
フォームづくりとか、
効率的な体の使い方が見つかりやすい。

半身が最強だと上達がはかどるよ。
というお話でした。

https://rs39.net/c/bb/cbsh_1/mm/

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧