menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ボールをとらえて打球を遠くに飛ばす方法
  2. 和田一浩が小中学生の指導者へお願いしたいこと
  3. 超一流の打者は〇〇も超一流です
  4. 守備が上手くなる「反応スピードアップエクササイズ」
  5. 和田一浩のバッティング指導法+インタビューレポート
  6. バッティングでお子さんが「力んでしまう言葉かけ」とは?
  7. お子さんのバッティングに悪影響を与える「5つの症例」とは?
  8. 未経験を都合よく利用し、子どもを上達させる方法
  9. フォーム修正をするときは「この骨」を観てください
  10. 冬のトレーニング効果を最大化する方法
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

冬のトレーニング効果を最大化する方法

小学生ではまだ大会が残っているチーム
もあると思いますが、

これから本格的な冬の
トレーニングシーズンに入ります。


そこで、今日のメルマガでは、
どのようにトレーニングを進めていけば
その効果を最大にできるか?


その1つの考え方をお伝えします。


冬のトレーニングと言えば、
走り込み、あるいは筋力トレーニングを
イメージするかもしれません。


そして、何をすれば球が速くなるか?
何をすればパワーがつくのか?

といった具合に考えるでしょう。


ところが、この考え方では
トレーニング効果を最大化できません。


例えば、%lastname%さんが旅行を企画したとしましょう。


最初に、新幹線か?飛行機か?車か?
という手段を考えるとどうなるでしょうか?

その旅行は、「行けるところに行く」
旅行になります。


でも、最初に目的地を決めれば、
「行きたいところに行ける」旅行になります。


野球も同じ。


トレーニングを先に決めると
「なるようにしかならない」わけです。


その成果はシーズンが始まってみないと
わからない…では不安じゃないですか?


だから、最初に目的地を決める。
つまり、まず「なりたい自分を決める」のです。


でも、球が速くなりたいとか、
ホームランを打ちたいとか、
ではありません。


もちろん、それは目標として持って
おく必要があるのですが、

もっと具体的な成果。
ズバリ言うと、フォームです。


投手ならピッチングフォーム。
打者ならバッティングフォーム。
守備なら、スローイング、捕球姿勢。
走者なら、ランニングフォーム。


そんな「フォームを作り上げる」ことを
ベースにして練習を組み立てることで…

・何が足りないのか?
・どこを鍛えればいいのか?

ということがはっきりとわかります。


なぜならフォームは目に見えるもの
なので、足りないもの、強化したいもの
がはっきりとわかるのです。


だから、走り込みより、柔軟性が必要に
なるかもしれません。


下半身より上半身や体幹の
強化が必要になるかもしれません。


球速アップ、飛距離アップという目標
だけでは見えなかった「足りないもの」が

フォームをベースにすることで
必要なトレーニングが
具体的に見えてくるのです。


後は、手段であるトレーニングは
インターネットや本で調べれば
ほとんどが手に入ります。


また、フォームをベースにした
トレーニングは、その成果を
すぐに確認することができます。


その時のフォームが成果そのもの
なのですから。


だから、冬は走り込み、筋トレといった
発想ではなく、
フォーム作りをベースに考えてみる。


すると、必要なトレーニングに
時間と体力を投資できる。


そうすればトレーニング効果を
最大化させることができるのです。

http://rs39.net/c/bb/cbkm_4/bl/
 

関連記事

  1. 握力を強くすることは本来の目的ではない

  2. タメとスライダー回転の関係について

  3. ポジションに応じた体の使い方

  4. 投げるときの踏み出し足の動き

  5. 週何日ぐらい、一日何球ぐらい投げさせるのが限度?

  6. セットポジションからの投球でフォームが崩れ

無料メールマガジン登録
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは! お父さんのための野球教室の桜井です。 このメルマガでは…
  2. From:お父さんのための野球教室事務局 沢村 前回の記事で「和田流 小中学生…
  3. こんにちは。 お父さんのための野球教室の桜井です。 今回は、あえてこ…

おすすめ記事

  1. ボールをとらえて打球を遠くに飛ばす方法
  2. 和田一浩が小中学生の指導者へお願いしたいこと
  3. 超一流の打者は〇〇も超一流です
ページ上部へ戻る