menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
  4. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」
  5. 【質問】バッティングの「体の開き」を直す練習方法を教えてください
  6. 【質問】気分が乗ってこない子供にどのように接すればいいですか?
  7. リラックスしてプレーする簡単なコツ
  8. 投げるときの「腕の上げ方」について
  9. 「体の開き」と「踏み出し幅」の関連性について
  10. 突っ込み打ちを改善し、スイングに力強さを出す方法
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

「最強の野球瞬達法」

今日は、

「最強の瞬達法」を紹介します!!


それは、どんな方法かというと、


「ゆっくり動く」


です。


なぜ、ゆっくり動くのが最強なのか?


ゆっくり動くと
フォームの間違いに気づきやすいからです。


数センチの動きの違いまで
わかりますからね。


先日、ピッチャーの
股関節の使い方を観ていたら、

間違ってる使い方をしていることに
すぐに気づきました(^-^)


一緒に観ていた選手は、
ほぼ気づいてなかったですが(^-^;


速く動いていては、さすがに気づかないほどの
フォームのズレだったんです。


1~2センチのズレなので。


%lastname%さんの教え子さんやお子さんにも、
ゆっくり動いてもらうと、
「フォームのズレ」に気づくと思います。


ぜひ、試してみてください。


ピッチングフォーム作りの
注意点についてはコチラ↓

http://rs39.net/c/bb/cbss_1/bl/

関連記事

  1. 【質問】身体が小さくて周りの子よりも遠くにボールを投げれません……

  2. 投球フォームは小学生の腕に負担のかかる?毎日投球練習はどうすれば…

  3. 投球時にボールが抜ける「2つの原因と改善法」とは?

  4. 投げる動作を知るための練習方法とは?

  5. 筋力の土台になるのが反応力やバランス感覚

  6. 軸足に体重が乗っている感覚とは?

無料メールマガジン登録
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは! 一気に寒くなってきましたねぇ。 体調、大丈夫ですか?…
  2. 下記のような ご質問・ご相談をいただきました。 ----------…
  3. 今日は、ライバルと同じ練習しても 上達スピードに差をつける方法をシェアしますね!!…

おすすめ記事

  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
ページ上部へ戻る