menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. コントロールが良くなる「3ステップ」
  2. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
  3. お子さんが積極的に練習する「言葉かけ」について
  4. スピードが先か?コントロールが先か?
  5. 2019春休み野球教室開催(3月27日)
  6. 【選手が夢中になるバッティング練習メニュー】
  7. 「体重移動」を効率的に体得する方法
  8. 【質問】緊張しないためには、どうすればいいですか?
  9. 【足が速くなる瞬速エクササイズ】
  10. 「タイミングがうまくとれない…」とお悩みの方へ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

「最強の野球瞬達法」

今日は、

「最強の瞬達法」を紹介します!!


それは、どんな方法かというと、


「ゆっくり動く」


です。


なぜ、ゆっくり動くのが最強なのか?


ゆっくり動くと
フォームの間違いに気づきやすいからです。


数センチの動きの違いまで
わかりますからね。


先日、ピッチャーの
股関節の使い方を観ていたら、

間違ってる使い方をしていることに
すぐに気づきました(^-^)


一緒に観ていた選手は、
ほぼ気づいてなかったですが(^-^;


速く動いていては、さすがに気づかないほどの
フォームのズレだったんです。


1~2センチのズレなので。


%lastname%さんの教え子さんやお子さんにも、
ゆっくり動いてもらうと、
「フォームのズレ」に気づくと思います。


ぜひ、試してみてください。


ピッチングフォーム作りの
注意点についてはコチラ↓

http://rs39.net/c/bb/cbss_1/bl/

関連記事

  1. 筋力の土台になるのが反応力やバランス感覚

  2. 置きに行くようなフォームの修正

  3. 監督及びコーチから、 投球フォームを直すように言われたら…

  4. ボールが縦回転する投球フォーム

  5. 冬のトレーニング効果を最大化する方法

  6. 全身で全力を出す技術とは?

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. From:お父さんのための野球教室事務局 沢村「コントロールが良くないのは息子のキャッチボー…
  2. こんばんは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. コントロールが良くなる「3ステップ」
  2. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
  3. お子さんが積極的に練習する「言葉かけ」について
ページ上部へ戻る