menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【足を速くして捻挫を防ぐ方法】
  2. 誰も知らない大学野球
  3. 【解決法】高校野球ピッチャーの連投問題
  4. メディアが報じない大船渡高校の本当の敗因
  5. 【99%の指導者が知らないウォーミングアップのふたつの目的とは】
  6. 捕球レベルをワンランク上げるコツ
  7. 2019オリックス・バファローズ公式戦ビジターゲーム「親子観戦ペアチケ…
  8. 野球では“この体勢”が最強です!
  9. 「バットの芯ってどこ?」と聞かれたら…
  10. 「バットを鋭く振る体の使い方【末端を動かす】」
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

「最強の野球瞬達法」

今日は、

「最強の瞬達法」を紹介します!!


それは、どんな方法かというと、


「ゆっくり動く」


です。


なぜ、ゆっくり動くのが最強なのか?


ゆっくり動くと
フォームの間違いに気づきやすいからです。


数センチの動きの違いまで
わかりますからね。


先日、ピッチャーの
股関節の使い方を観ていたら、

間違ってる使い方をしていることに
すぐに気づきました(^-^)


一緒に観ていた選手は、
ほぼ気づいてなかったですが(^-^;


速く動いていては、さすがに気づかないほどの
フォームのズレだったんです。


1~2センチのズレなので。


%lastname%さんの教え子さんやお子さんにも、
ゆっくり動いてもらうと、
「フォームのズレ」に気づくと思います。


ぜひ、試してみてください。


ピッチングフォーム作りの
注意点についてはコチラ↓

http://rs39.net/c/bb/cbss_1/bl/

関連記事

  1. 高校入学に備えての練習

  2. メディアが報じない大船渡高校の本当の敗因

  3. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」

  4. ピッチングの球数も計画的に

  5. 監督及びコーチから、 投球フォームを直すように言われたら…

  6. 守備が上手くなる「反応スピードアップエクササイズ」

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは!野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!花咲徳栄さんが初戦を勝てませんでした。…
  2. こんにちは、お父さんのための野球教室事務局の長田です。今日は、大学野球についてです。…
  3. こんばんは。お父さんのための野球教室の桜井です。ものすごく暑いのに炎上です。大船…

おすすめ記事

  1. 【足を速くして捻挫を防ぐ方法】
  2. 誰も知らない大学野球
  3. 【解決法】高校野球ピッチャーの連投問題
ページ上部へ戻る