menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 弾丸ヒットを連発させる「両振り」
  2. 親が涙を流す至極のレッスン
  3. 【要チェック!】空振りが減らない意外な原因と、その改善策とは?
  4. 【質問】身体が小さくて周りの子よりも遠くにボールを投げれません…
  5. 【質問】足の遅さが致命傷にならないか心配です…
  6. 目線がズレないテイクバックの教え方とは?
  7. バットを買うタイミングについて悩んでいます。
  8. 練習時のティーバッティングの注意点とは?
  9. 今どきの子のやる気に火をつけるために大人ができること
  10. キャッチボールをミスなく続けるコツとは?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?

最近の高校球児は、当たり前のように
140キロを出せるピッチャーがたくさんいます。


ちなみに
去年の第98回夏の甲子園で

140キロ以上を計測したのは、45名、
150キロ以上を計測したのは、2名、


という計測結果が出ています。
改めて見るとすごい数字ですよね。汗


このような結果につながったのは、
ピッチャー専用のトレーニングが確率されたことが
大きな要因になっていると言われています。


確かに、トレーニング科学が進歩し、
ピッチャーの球速がどんどん上がってきているのは事実です。


しかし、10キロ、20キロと、
順調に球速をアップさせていくには、
1つ、クリアしておくべき条件があるんです。


それは、ムダのない、
正しい「立ち方、歩き方、走り方」ができていること。


筑波大学の川村先生も
先日、お会いしたときに
次のようにおっしゃっていました。


「立ち方、歩き方、走り方が
正しくできていないとピッチャーとして成功することは難しい。

ピッチングは
足をステップし、着地した状態で
上半身を高速で動かすことで成り立っています。

しかし、その土台となる身体の姿勢が崩れていると
フォームが乱れたり、腕を強く振ることが難しくなってくる。」…と。


つまり、
ピッチングという動作やスローイング動作は、

立ち方、歩き方、走り方の「延長線上にある」

という考え方を念頭において、
指導していくことが大切になってくるわけですね。


・ボールを強く(速く)投げることができない

・フォームがぎこちない


これらは、
子どもの才能やセンスの問題ではなく、

「立ち方、歩き方、走り方」を改善していけば、
必ず良くなっていきます。

詳しくはコチラ↓
http://www.mlritz.com/link/113/1/126/25/

関連記事

  1. 置きに行くようなフォームの修正

  2. 外野フライを1日でも早く捕れるようにする手順とは?

  3. 上体が突っ込むのを抑えるために必要なポイントとは?

  4. 「8分の力」をどう伝えるか?

  5. 指先など血豆が出来やすい部分の強化とは?

  6. 大会前の投球練習のチェックポイント

無料メールマガジン登録
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. From:お父さんのための野球教室事務局 …
  2. From:お父さんのための野球教室事務局 私も最初は信じられませんでした。…
  3. 【質問】 いつも興味深く拝見しております。 少年野球(小学生硬式)の指導をしてます。…

おすすめ記事

  1. 弾丸ヒットを連発させる「両振り」
  2. 親が涙を流す至極のレッスン
  3. 【要チェック!】空振りが減らない意外な原因と、その改善策とは?
ページ上部へ戻る