menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【肩甲骨がよく動くようになるエクササイズ】
  2. 【質問】小学校のチーム選びについて
  3. 【タイプ別ピッチングの左腕の使い方】
  4. 【ストレッチの効果を10倍にする方法】
  5. 【質問】硬式のクラブチームに行くか、軟式の部活で野球をやるか悩んでいま…
  6. 【脱力のコツ】
  7. 説得力のある、超一流選手のバッティング指導センスをあなたも手に入れませ…
  8. 理想の打撃フォームを身に付けてヒットを量産する方法
  9. ボールをとらえて打球を遠くに飛ばす方法
  10. 和田一浩が小中学生の指導者へお願いしたいこと
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?

最近の高校球児は、当たり前のように
140キロを出せるピッチャーがたくさんいます。


ちなみに
去年の第98回夏の甲子園で

140キロ以上を計測したのは、45名、
150キロ以上を計測したのは、2名、


という計測結果が出ています。
改めて見るとすごい数字ですよね。汗


このような結果につながったのは、
ピッチャー専用のトレーニングが確率されたことが
大きな要因になっていると言われています。


確かに、トレーニング科学が進歩し、
ピッチャーの球速がどんどん上がってきているのは事実です。


しかし、10キロ、20キロと、
順調に球速をアップさせていくには、
1つ、クリアしておくべき条件があるんです。


それは、ムダのない、
正しい「立ち方、歩き方、走り方」ができていること。


筑波大学の川村先生も
先日、お会いしたときに
次のようにおっしゃっていました。


「立ち方、歩き方、走り方が
正しくできていないとピッチャーとして成功することは難しい。

ピッチングは
足をステップし、着地した状態で
上半身を高速で動かすことで成り立っています。

しかし、その土台となる身体の姿勢が崩れていると
フォームが乱れたり、腕を強く振ることが難しくなってくる。」…と。


つまり、
ピッチングという動作やスローイング動作は、

立ち方、歩き方、走り方の「延長線上にある」

という考え方を念頭において、
指導していくことが大切になってくるわけですね。


・ボールを強く(速く)投げることができない

・フォームがぎこちない


これらは、
子どもの才能やセンスの問題ではなく、

「立ち方、歩き方、走り方」を改善していけば、
必ず良くなっていきます。

詳しくはコチラ↓
http://rs39.net/c/bb/cbkm_4/bl/

関連記事

  1. 体を大きく使って投げるとは?

  2. フットファーストとは

  3. カーブ回転の修正方法

  4. スピードアップしたいときにどのように練習に取り組むのか?

  5. ポジションに応じた体の使い方

  6. 球速にこだわる投手が選ぶピッチングフォーム ヒップファーストのメ…

無料メールマガジン登録
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. こんにちは! お父さんのための野球教室 メルマガ執筆者で、 野球…
  2. こんにちは! お父さんのための野球教室の桜井です。 下記のような…
  3. こんにちは! お父さんのための野球教室 メルマガ執筆者で、 野球…

おすすめ記事

  1. 【肩甲骨がよく動くようになるエクササイズ】
  2. 【質問】小学校のチーム選びについて
  3. 【タイプ別ピッチングの左腕の使い方】
ページ上部へ戻る