menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  2. お茶をすするヒマがない理由
  3. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
  4. 【試合後、子どもにかけるべきたったひとつの言葉】
  5. 【楽しく運動脳力をアップする練習方法】
  6. 【保護者をファン化する】
  7. 【上達の絶対条件】
  8. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  9. 【体の使い方の基本 足】
  10. 河童が少年達に今一番伝えたいこと
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

大会前の投球練習のチェックポイント

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

私には中3の息子がいます。

 

スピードは120キロほど出るのですがコントロールが悪く、1人で崩れてしまいます。

 

本人も部活の時間に人より多く走ったり筋トレをしたりといろいろ工夫しているようなのですがあまり効果がないようです。

 

総体まであと1か月しかないんです。

 

何かいい練習方法はないでしょうか?

 

お願いします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 大会前の投球練習のチェックポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

本番直前が迫った時期にフォーム自体を大きく変えることはリスクが高く、私自身もそれで大きく失敗をした経験があります。

 

ですから、出来るだけ頭の中のイメージをシンプルな思考にして、且つ制球を高める方法を捕る必要があります。

 

そのための思考は

 

1.踏み出して足が着地したのを確認してから腕を振る

2.足が着地してから腕を振る間に投げるコースを見る

3.足が着地してから腕を振る間に投げるコースを見る時間を出来るだけ長くする

 

この3つのポイントに絞って取り組んで下さい。

 

ただし、3つをいっきに行うのではなく、1が出来たら2に取り組み、それが出来たら3に進むというように順に完了をさせていって下さい。

 

基本的に制球が乱れる時は、踏み出しと腕の振りの間が短くなっており、腕の振りにバラつき出る傾向があります。

 

上記はそれを修正するための取り組みです。

 

また全てをいっきに行わない理由は、一つ取り組んだことを完了させておけば、それが本番での自信になります。

 

逆に万が一全てをいっきに行おうとして、何も完了させられなかったとなれば不安になってしまうこともあるからです。

 

上記のポイントはキャッチボールから確認と意識をし取り組めるものです。

 

これから本番までのキャッチボールの1球1球でポイントを意識して大切に取り組んでください。

 

またあわせてシャドーピッチングも行い、上記ポイントを完了させていって下さい。

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 丁寧にキャッチボールをする

  2. 投球フォームは小学生の腕に負担のかかる?毎日投球練習はどうすれば…

  3. 上体が突っ込むのを抑えるために必要なポイントとは?

  4. 投球時の腕のしなりについて

  5. 投げる動作は肩だけで行うわけではありません。

  6. 週何日ぐらい、一日何球ぐらい投げさせるのが限度?

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…
  2. お父さんのための野球教室の桜井です。90分で3キロ泳げるようになったよ。さあ今年…
  3. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…

おすすめ記事

  1. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  2. お茶をすするヒマがない理由
  3. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
ページ上部へ戻る