menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

力のロスと動きの制限について

今日は、力のロスと動きの制限についてです。

 

以前いただいた質問で、右投げの場合、左足(踏み出し足)が伸びてしまうケースがありました。

 

左足がまっすぐに伸びると、

 

→ 体重が踏み出した足に充分に乗らない(体重が右足に残る)
→ 下半身の力にブレーキがかかる
→ 上半身に力が伝わらない

 

また、実際に足を伸ばしたまま踏み出してみると理解しやすいですが、体重が軸足(右足)に残ってしまうので腕が振りにくい体勢になります。

 

これは体の構造上、必然的な結果です。

 

まとめるとこのような状況になります。

 

上半身に力が伝わらない + 腕が振りにくい体勢 = 腕を最後まで振れないそのため持っているはずのスピードが出ず、上半身は後ろへ下がるためコントロールが落ちてしまいます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■原因のひとつはつま先の向き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「歩く」ときの動作を思い浮かべてください。

 

行きたい方向へつま先を向けて踏み出しますね。

 

まっすぐ進むときに、故意に右や左へつま先を向けて歩くということはしません。

 

体重が乗らないからです。

 

体重が乗らない理由は、膝はつまさきを向いた方向にしか曲がらないからです。

 

つま先を内側(右方向)へ向けてしまうと、まっすぐの方向に曲げることはできませんね。

 

足がまっすぐにならない大きな原因は踏み出す足のつま先の向きにあります。

 

根気よく繰り返し、つま先が投げたい方向へまっすぐになり踏み出した足のひざが曲がるようになってきたとき、ボールの強さとコントロールが今よりも格段に向上します。踏み出し足のつま先の向きについてはコチラで詳しく解説しています。

http://www.1baseball-club.com/field_01/

関連記事

  1. 【質問】身体が小さくて周りの子よりも遠くにボールを投げれません……

  2. 投げるときの「腕の上げ方」について

  3. ピッチングの体重移動は、体重を乗せてから体を捻る

  4. 軸足のひざが落ちてしまう原因

  5. キャッチボールをミスなく続けるコツとは?

  6. 投球時にボールが抜ける「2つの原因と改善法」とは?

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る