ピッチャーの指導をどのようにすればいいのか?

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

四年生以下のチームですがピッチャーの出来る子が一人しかいません。

 

来春に向けて今からのオフシーズンでピッチャーを作りたいのですが何から指導すればいいですか?

 

教える順番などアドバイスお願いいたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ピッチャーの指導をどのようにすればいいのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ピッチャーの作り方で一番大切なのは、”マウンドに上がりたい”と思わせてあげること。

 

これに勝るものはありません。

 

ピッチャーというポジションは良くも悪くも目立つポジションです。

 

良い結果が出れば主役として持ち上げられますが、結果が悪ければ”なんだ?”という目で見られてしまいます。

 

ですから他のポジション以上に”自信”をもって向かう必要がありますね。

 

そのためには、まずは技術よりもピッチャーというポジションを経験させてあげてください。

 

バッティングピッチャー、ブルペン、紅白戦など練習の場でたくさん経験させてあげて、良い所をどんどん褒めてあげてください。

 

それを繰り返していくうちに、”自分を試したい”という気持ちが芽生えてくる子どもが何人か現われます。

 

表情や言葉など観察してそういう気持ちを持った子どもをどんどん試合で使っていくのが最初のステップです。

 

あとはキャッチボールを丁寧に行うこと。

 

コントロールミスは必ずありますね。

 

ただ、そのミスをした次の球にどれだけ意識を集中できるかです。

 

多くの子どもはひとつのミスをした後、それを修正できずガタガタと崩れていきます。

 

そこには大人の叱責などに萎縮するケースもあり、ミスしても次のプレーに集中するよう促してあげることが大切です。

 

言葉では簡単ですが指導者にとってこれが最も難しいことであると思います。

 

しかし、子どもが”マウンドに上がりたい”と笑顔で前向きにチャレンジするためには必要な我慢でもあり、子どもたちの可能性をひろげていくためにも頑張って頂ければと思っています。

 

また技術的な部分については、個々の子どもにあったものをアドバイスさせて頂ければと考えておりますので、経過などご連絡頂ければ幸いです。

 

ピッチングの基本はココに収録されています。
http://www.1baseball-club.com/field_01/

入部者全員にオリジナル木製バットプレゼント!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

今、お父さんのためのオンライン野球教室にお申込みいただくと5,000円相当のオリジナル木製バットが必ずもらえます!

バットは、3種類ご用意しています。

・75cm/480g平均(オレンジ×ブラック)
・78cm/550g平均(ブラック×白木)
・80cm/600g平均(ブラック×ブラック)

キャンペーン期間中にお申込みいただいた方に限り、ご希望のバットを1本プレゼントさせていただきます。 普段の練習で「芯でとらえて飛ばす感覚」を養うのに木製バットは最適です。 ぜひ、バッティング上達のツールとしてご活用ください。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧