menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バッティングで体の開きを直す方法】
  2. 正しいやり方を見つける方法
  3. 【ボールが速く見える時の3つの対処法】
  4. 野球部は何をやらせてもそこそこやる説
  5. 【バットにボールが当たらなくなったとき確認すべきこと】
  6. フォームは、46,636通りあるんです。
  7. なぜ子どもは考えて野球をしないか?
  8. なぜ同じ方向にばかり打球が飛ぶのか?
  9. 水1日2リットル飲むと痩せる説
  10. 【こんなとき子どもに何て言いますか?】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

ピッチャーと、野手のキャッチボールの仕方

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

質問ですが教えてください。

 

ピッチャーと、野手のキャッチボールの仕方、遠投の仕方は、同じでよいのでしょうか。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ピッチャーと、野手のキャッチボールの仕方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

投げる動作については殆ど同じだと考えています。

 

ただ、投げるまでの動作や意識の部分で違いがあります。

 

投手は自分が投げることで全てのプレーが始まるわけですから、自分のペースで良質なボールを投げるために形を重視したキャッチボールになります。

 

野手は打球を捕る行為、そしてランナーよりも早くボールを送球しなければいけませんので、自分のペースではなく、とにかくスピーディーな動きと正確さが求められます。

 

重視するポイントが同じ投げる行為の中でも異なってくるため、キャッチボールのなかでも意識の持ち方、行い方に違いが出てきます。

 

フォームとボールの結果をチェックするか、次の動作に入りやすいように素早く足を運び、ボールを捕ったらすぐに投げるか。

 

こういう形で違ってくると思います。

 

ただ、投手もフィールディングという野手の部分を持っていますので、そのことを意識したものだと野手と同じキャッチボールになりますし、野手でもきちんとフォームをチェックする時は投手と同じようなものになります。

 

大事なのは、そのキャッチボールで何を得たいか、何を確認したいかということです。

 

その目的を少しでも理解してのキャッチボールにのぞむ環境・状況を作ってあげていただければと思います。

 

フォームをチェックする方法、修正方法の順番が明確になります。

http://www.1baseball-club.com/field_01/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 投手交代の考え方について

  2. 投げるときの「腕の上げ方」について

  3. 川村卓(かわむらたかし)

    小学生のうちにやっておくべきこと

  4. 低めの球に力がない理由

  5. ピッチングの体重移動は、体重を乗せてから体を捻る

  6. 左足の膝とつま先が開く原因

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは、お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…
  2. こんばんは。お父さんのための野球教室の桜井です。最近すごく気になってます。日…
  3. こんばんは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…

おすすめ記事

  1. 【バッティングで体の開きを直す方法】
  2. 正しいやり方を見つける方法
  3. 【ボールが速く見える時の3つの対処法】
ページ上部へ戻る