menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小学生を練習に集中させる方法】
  2. ピッチングマシンになる方法
  3. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  4. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  5. コントロールが良くなる「3ステップ」
  6. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
  7. お子さんが積極的に練習する「言葉かけ」について
  8. スピードが先か?コントロールが先か?
  9. 2019春休み野球教室開催(3月27日)
  10. 【選手が夢中になるバッティング練習メニュー】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

高校生に適したバッティング練習

川村卓(かわむらたかし)

【要チェック!】高校生が遠回りすることなく、もっとも効率よく上達できる、「体の成長段階に適したバッティング練習ドリル」とは?
実は、多くの指導者の方が、高校生の身体的特徴に合わない 「間違った練習」をさせてしまっている可能性が高いです。 あなたの指導は、大丈夫ですか?


「野球指導」と「選手の体」の関連性

 

 

高校生の時期に最も適したバッティング指導内容をご紹介する前に

「野球指導」と「選手の体」の関連性について、

まずは、お話しさせてください。

 

あなたもご存知の通り、子どもの時期というのは、

成長過程の中で体がどんどん変化していきます。

 

 

年齢を重ねると共に身長が伸びていき、

ある日を境に身長はピタッと止まります。

 

 

縦への成長である身長の伸びが止まると、

次に体は、横への成長をはじめ、筋力が付きはじめます。

 

この筋力が自然と付き始める時期、

それが高校生の年代です。

 

 

それ以前の中学生の年代までは

縦への成長段階ですので、誰もが身長がどんどん伸びていきます。

 

 

では、この体の成長に対して、

野球の指導は、どのように教えていくことがベストなのか?

 

 

答えは、シンプル。

 

 

体の成長段階に適した練習方法を教えてあげることです。

 

 

学校の勉強を先生が教えるときでも、算数・数学を例にすると、

小学生の段階では、足し算、引き算、掛け算、割り算などの基礎的な勉強を

しっかりと学んでいきますよね。

 

 

その後、中学、高校にあがるにつれて、

図形問題、方程式、関数などの応用的な勉強を学んでいくという流れになっています。

 

 

あまり知られていませんが、

実は、野球の指導も勉強と同じように

小学生時期、中学生時期、高校生時期において、

 

「この時期には、この練習に取り組むことで飛躍的な上達ができる」という、

 

『年代別の練習ドリル』が、

現代ではスポーツ科学に基づき、プログラム化されているのです。

 

小→中→高の図

 

では、今回のテーマである「高校生の時期」は、

どのような練習に取り組むことがバッティングの飛躍的上達につながるのか?

 

次の解説動画をご覧ください。

 

高校生の時期というのは、

筋トレをしなくても、自然と筋力が付きはじめます。

 

 

筋力が付きはじめるということは、

バッティングにおいてプラスのように聞こえますが、

 

筋力が自然に付くことによって、

悪いクセが自然に付いてしまう選手が非常に多いのです。

 

 

野球選手にとって高校野球は「1度きり」です。

 

 

 

指導者であるあなたには、来年、再来年と、

チームを強くしていくチャンスは、たくさんあります。

 

 

でも今、在籍している選手たちにとって、高校野球は1度きり。

 

 

この1度きりの高校野球生活で、最高の成果を出すには、

指導者であるあなたの協力が、どうしても必要です。

 

 

また、高校生の時期というのは、

技術力をもっとも伸ばせる年代でもあることが研究の中でわかっています。

 

 

そんな大切な時期に悪いクセをつけてしまうことは、

とても「もったいないこと」です。

 

 

次回は、バッティングに悪影響を及ぼす、ありがちな悪いクセが付かなくするために

どんな練習を何に注意して取り組むべきなのか。

 

 

具体的な練習ドリルを例に出して、公開いたします。

 

次のページはこちら

 

高校生がやるべきバッティング練習はこれだ!右へ左へ鋭い打球が打てるようになる22の科学的練習ドリル

 

 

川村プロフィール

関連記事

  1. 川村卓(かわむらたかし)

    剛速球投手育成法

  2. 【注意】スムーズな体重移動を妨げる「2つの教え方」

  3. 【注意】腕を振れなくなってしまう「間違った7つの教え方」

  4. 弾丸ヒットを連発させる「両振り」

  5. 榊原貴之(さかきばらたかゆき)

    同じ練習をしても上手くなるスピードに差が出る原因

  6. 親が涙を流す至極のレッスン

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。「あれ?どっちだっけ?」恥ずかしい話…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 【小学生を練習に集中させる方法】
  2. ピッチングマシンになる方法
  3. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
ページ上部へ戻る