【少年野球】妻へのラブレターを公開します!

お父さんのための野球教室の桜井です。

イヤなことがあって

心がモヤモヤする、

そんな妻へのラブレターを公開します。

どうにもならん

妻へ

毎日ありがとう。

世の中に出ると、

キィーーーっと

なることに出くわします。

が、相手がいることなので

「どうにもならん」

それが私の結論でございます。

 

まあ相手を何とかしてやろう

そう思うことは、

それはそれで

怖いことなのかもしれませんし、

傲慢なことなのかもしれません。

でも嫌なことに

パワーや時間を使いたくないし、

心をすり減らしたくはありません。

心の中に入れない

なので、私がとる

戦略は2つ、、、

 

嫌なことはなるべく心の中に入れない、

そして、なるべく早く

どうでも良いことにする、

の2つでございます。

つまり、

相手ではなく自分の気持ちをどうするか。

そこに全集中でございます。

相手の嫌な言動・行動には、

心の中で

「ハイ、ハイ、はーい」

と言って、

サラリとかわすことに全集中。

受け止めるでもなく、

受け流すでもなく、

かわすことで

心の中に嫌なことを

入れないようにします。

ハイ、ハイではなく、

ハイ、ハイ、はーい。

3つ目のはーいで

少し気持ちが明るくなります。

これは割と効果があります。

 

まあそれでも

イヤなことが

心に入りこんで

考えてしまうのが

人というものでございます。

小さなことにする

だから次は嫌なことを

どうでもよい小さなことに

するのでございます。

小さなことにする

のに効果があるのは、

一瞬忘れることでございます。

一瞬だけかと

思われるかもしれませんが、

一瞬忘れるのが大事で、

次思い出したときに、

割と小さなものになっております。

一瞬忘れる、

を繰り返すことで

嫌なことが

どんどん小さく

なっていくのです。

体を動かそう!

一瞬忘れる方法は、

人により様々です。

が、体を動かすことは効果的です。

自転車をこいだり、

筋トレをしたり、

山に登ったり、

泳いだり、

ちょっとしんどい

くらいに体を動かせば、

「今、そんなしようもないこと考えてる場合ちゃうねん」

という気持ちになります。

そうやって一瞬忘れて、

イヤなことを小さくする

それを繰り返していくことで、

割とどうでも

良いことになって

いきますゆえ、

少し体を動かされては

いかがでしょう。

仕事で体を動かすのとは、

また別ものです。

お付き合いしますので

ご検討ください。

健康な心を保つ

これから気温が低くなると、

オトナは体を動かす時間が

少なくなります。

意識的に体を動かし、

健康な心を保ちましょう。

それは野球人を

育てるうえでも

とても大切なことです。

試合で打てるようになる野球教材&個別指導が“たったの500円”で手に入るチャンス!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com
この記事を書いた人川端健太桜井一
お父さんのための野球教室
1978年生まれ。奈良県出身。大学関西地方リーグで最優秀投手賞(’97年)、最優秀選手賞(’99年)を受賞し、野球部創設以来初の全国大学野球選手権大会に2度出場。最高成績はベスト8。東海地区、社会人野球の名門へ進み、社会人野球の甲子園である都市対抗野球大会に2度の出場。引退後は、人気野球指導ブログ「お父さんのための野球教室」を開設。体系的でわかり過ぎる野球指導法は小学生の保護者に爆発的な支持を得て、DVDや書籍化。現在も、ブログでの指導法の発信、高校野球の現場で学生野球選手のサポート活動を精力的に行う。

関連記事一覧