【最高のベター・真夏のセンバツ高校野球】

真夏のセンバツ

お父さんのための野球教室の桜井です。

春の甲子園が真夏に開催されることになった。

32校が甲子園の土を踏める。

夏の甲子園はないけれど、

1試合だけど、

ベストではないかもしれないけれど、

出場する32校の選手は素敵な時間を過ごして欲しいなって思う。

感動祭りはご無用

でだ、

これからは、オトナのいやらしい感動祭りはご無用です。

「全国3,700校の思いを胸に」

とかとか、煽っちゃだめ。絶対。

「甲子園で試合ができて嬉しいよね」

って思うかもしれないけれど、

もしかすると、そんな単純なものではないかもしんない。

春の出場予定校とはいえ、

夏の予選を勝ち抜いてきたわけじゃない

ので、代替え大会で負けた後に

甲子園での試合になる学校だってある。

僕たちだけ良いのかなって思う選手だって、いるかもしれないし、

大歓声の中でのプレーを思い描いてきたわけだから、

無観客とかになると、「これじゃない」って思う選手もかもしれない。

だからテンションが上がらない選手もいる。

モチベーションを高める、維持するのが非常にむずかしいと思うんだ。

だから、

甲子園、嬉しいでしょ?

感動させてよね?

と周りがヤイヤイ言うべきじゃない。

で、全国の球児の思いを胸に…

なんて選手は思う必要は全くない。

いいえ、

思ってもいいんだけれども、

それは選手が自発的に思うこと。

大人やメディアが感動クレクレと煽れば、

子どもらは感動を演じなくてはいけなくなる。

それでは試合に集中できない。

たった一試合の大切な時間。

ここからは静かに見守りたい。

大人は黙って見守るだけ

出場できる選手は、晴れの舞台で、思い切り勝ちにいく。

後悔しないように。

そして、大切な人にかっこいい姿を見せられるように。

甲子園の舞台を用意するために

汗をかいてくれた人たちに感謝をしつつ、

自分たちのためにプレーをして欲しい。

大人は黙って見守るだけ。

一生懸命のプレーを見せてもらって、

こちらが勝手に感動すればいい。

で、それを見た小学生や中学生が、

やっぱり甲子園に行きたい!と思えたらいいな。

夢は与えられるものではない

感動や、夢や、希望は、与えられるものではなく

したり、見たり、叶えたりするもの、だもんね。

とにかく舞台はひとつ用意された。

最高のベターを過ごせますように。

人気動画チャンネル登録すべき少年野球指導YouTube

この記事を書いた人川端健太桜井一
お父さんのための野球教室
1978年生まれ。奈良県出身。大学関西地方リーグで最優秀投手賞(’97年)、最優秀選手賞(’99年)を受賞し、野球部創設以来初の全国大学野球選手権大会に2度出場。最高成績はベスト8。東海地区、社会人野球の名門へ進み、社会人野球の甲子園である都市対抗野球大会に2度の出場。引退後は、人気野球指導ブログ「お父さんのための野球教室」を開設。体系的でわかり過ぎる野球指導法は小学生の保護者に爆発的な支持を得て、DVDや書籍化。現在も、ブログでの指導法の発信、高校野球の現場で学生野球選手のサポート活動を精力的に行う。

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧