menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【上達の絶対条件】
  2. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  3. 【体の使い方の基本 足】
  4. 河童が少年達に今一番伝えたいこと
  5. 【武術的身体操作の基礎 胸】
  6. 【ウケウリ】コントロールを劇的に改善する方法
  7. 【プレーの結果をほめるのは危険です】
  8. 【前向きになるシンプルな方法】
  9. 【ヒット量産する方法】
  10. 【それでもチャレンジしますか?】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

河童が少年達に今一番伝えたいこと

こんにちは。
お父さんのための野球教室の桜井です。

先日、僕は河童になった。

ツイッターでも呟いたんだけど、
水泳を始めて2ヵ月が経った。

泳ぐのが楽しくて仕方ないし、
かなりの距離を泳いでも
疲れなくなってきた。

どうやら僕は
河童になったようだ。

で、興味があるかどうかは
さておき

僕が水泳を始めて
2ヵ月経った結果↓

□1時間2km泳ぐ体力がついた
□夜更かしが減った
□胸肩腕に多少筋肉がついた
□腹周りが多少凹んだ
□体重4kg減った
□坐骨神経痛が和らいだ
□気持ちが前向きになった

特に、水泳でお気に入りは、
ムダな音が聞こえないこと。

ゴボゴボという水の音だけ。
無になれる。心地よい。

で、2ヵ月経って思うのは、
続ける大切さ。

何を今更、と思うかもしれない
けれど、ほんとそれ。

初日1時間で500mしか泳げ
なかったんだけど、
今は1時間で2km泳げるし

割と余裕で追加500mの
おかわりもしている。

でも、僕は泳げるようになった
ことを自慢したいわけじゃない。

最近すぐに結果を出さないといけ
ない風潮あるでしょ?

SNSとか見てても、他の人の良い
ところばかり見えるでしょ?

で、他人と比べちゃって

自分も今すぐ結果を
出さなきゃとか

かっこよくやらなきゃ、とか
思ってしまうわけ。

でも上手くいかない。

みんなのように上手く
打てないわけですよ。
空振りばかり。

で、僕はダメだな~とか思って
すぐに諦めちゃうわけなんだけど
そうじゃないんだよね。

いきなり10割打者には
なれないけど、

何球も球を見続けていたら
次第に目が慣れてくる。

バットを振り続けていると、
スイングが速くなってきて、

タイミングも少しずつあってくる。
バットに当たるようになってくる。

でも遠くに飛ばないじゃない?
そこでちょっと工夫してみる。
で、ちょっと飛び始める。

最短距離ではないんだけど、
泥臭くやり続けるってことは、

スポーツも、人生においても
非常に大切だ、ってことを
改めて感じているわけです。

野球でいうと、これからの数か月、
ランニング、トレーニングの
時間が増えてくるよね。

で、走るのとかトレーニングとか
苦手という人もいる。

でもみんなより遅くても大丈夫だし、
みんなより力がなくても大丈夫。

イチローさんも言葉を借りると、

「他人に勝つという価値観で
野球をやらなくていい」

ってこと。
競うのは他人じゃなく昨日の自分。

割と簡単に勝てそうじゃない?

そうやって昨日の自分に
勝っていけば、

2ヵ月、3か月後にモーレツに
力がついているはずなんだ。

だから、かっこよくやろうとか
うまくやろうとか思わずに、
コツコツ泥臭くやってみないか?

努力が結果に結びつくドリル集は
こちら

http://rs39.net/c/bb/cbkm_1/bl/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. もっとも多い質問です。”硬式か軟式か”

  2. ピンチはチャンス

  3. 子どもの運動不足を解消する仕掛け

  4. ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?

  5. パフォーマンスルーティンで、”気持ちをON”しませんか?

  6. どのように自分自身をコントロールしていくか

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…
  2. お父さんのための野球教室の桜井です。「俺」。突然、小学一年生の息子が「俺」と言い…
  3. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…

おすすめ記事

  1. 【上達の絶対条件】
  2. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  3. 【体の使い方の基本 足】
ページ上部へ戻る