menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バッティングで体の開きを直す方法】
  2. 正しいやり方を見つける方法
  3. 【ボールが速く見える時の3つの対処法】
  4. 野球部は何をやらせてもそこそこやる説
  5. 【バットにボールが当たらなくなったとき確認すべきこと】
  6. フォームは、46,636通りあるんです。
  7. なぜ子どもは考えて野球をしないか?
  8. なぜ同じ方向にばかり打球が飛ぶのか?
  9. 水1日2リットル飲むと痩せる説
  10. 【こんなとき子どもに何て言いますか?】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

中学校で軟式野球の学校の部活をするべきか硬式野球チームへ入部するか?

教材購入の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

6年生の息子がシーズンを終えて、学童野球が終わりました。

 

これから中学にいきますが、硬式をやらせるべきか?

 

軟式で高校から硬式に行かせるべきか?

 

息子ともども悩んでいます。

 

私は個人的には、中学までは軟式で体力をつけ、高校から硬式でもと思うのですが…。

 

もちろん最終的には息子が決めることですが、桜井さんはこのあたりについてどのような見解をおもちでしょうか?

 

お聞かせいただけましたら幸甚です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 中学の時期で硬式で進めるべきか軟式をするべきか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

この中学の時期で硬式で進めるべきか軟式をするべきか悩まれる方は非常に多いです。

 

ここで大切なことはどこにポイントを置いて選択するかということだと思っています。

 

ポイントの置き方で傾向として多いのが、「早いうちから硬式で慣れておきたい」ということです。

 

私の考え方ですが、この「慣れ」については個人差はあるものの軟式から硬式への切り替えはそれほど問題はありません。

 

私自身の経験ももちろんありますが、この切り替えに対応できなかった選手をみかけたことがないということがあります。

 

ですから選択するポイントはそれ以外の部分で検討されることが望ましいと考えます。

 

例えば、指導者が良く育成力があるのは中学の軟式かそれとも硬式のチームなのか?

 

自分をより一層に向上させるため他の選手のレベルが高いチームはどちらなのか?

 

また、学校生活と総合的に考え、仲間とともに野球が出来るのはどちらのチームなのか?

 

私は部活の中の一つであった軟式の出身です。

 

ここでよかったと振り返って思うのは、学校生活と一体となった環境の中で野球が出来たことだと考えています。

 

というのも当然学校の活動ですのでたくさんの学生の目にとまる機会が多く、それが自分自身への刺激になりました。

 

決して軟式を進めるものではありませんが、硬式と軟式という部分だけをみての選択ではなく、そういった中学での学生生活もイメージし検討していただければなと思います。

 

入学前は投球フォームの見直しをするいい機会です。

⇒  http://rs39.net/c/bb/cbsh_5/bl/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. コーチの重要な役割

  2. 子どもの運動不足を解消する仕掛け

  3. もっとも多い質問です。”硬式か軟式か”

  4. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ

  5. 自信をもつために必要なこと

  6. どのようにイップスから立ち直ることができたか?

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは、お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…
  2. こんばんは。お父さんのための野球教室の桜井です。最近すごく気になってます。日…
  3. こんばんは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…

おすすめ記事

  1. 【バッティングで体の開きを直す方法】
  2. 正しいやり方を見つける方法
  3. 【ボールが速く見える時の3つの対処法】
ページ上部へ戻る