発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法

こんにちは!

お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!

さて、今日は、発達心理学から学ぶ
良い結果が出る野球選手育成法を紹介させて頂きます。

これ、今日は
選手育成法として紹介しますけど、

発達心理学なので
「子育てを上手にする方法」を
応用したものなので、
子育てにも応用できますよ!

『ほめる』ということが、
選手育成には大切だということを
ご存知な方はみえるでしょう。

いいプレーをしたら、

「ナイスプレー!」

「ナイスボール!」

と『結果』をほめますよね?

でも、『結果』だけを
ほめてはいけないということが
心理学実験からわかってきてます。

どんな実験結果だったのか?

それは、テストの結果だけをほめられたグループは、
なんとカンニングが増えてしまったそうです(^-^;

これ、子供たちが『結果』だけに
執着してしまったからですね。

ということで『結果』だけをほめるのは、
やめたほうがいいでしょう。

では、どうしたらいいのか?

それは、『行動』をほめることです。

行動(テストの場合は勉強、野球の場合は練習)
をほめてください。

そうすると、いい結果を出すための
行動をしようと選手たちは思い始めるので。

https://rs39.net/c/tr/ctej_1/bl/

瞬達するためには、
どんな行動をほめたらいいのか?

『ほめるより効果が高い方法』がありますが、
これらは今後のメルマガで紹介させて頂きますね!

LINE友達登録でバッティング教材が半額!

お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 新規友だち登録キャンペーンを開催中です!

ただいま、新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のバッティングDVD 「和田一浩が教えるバッティング指導の極意~基本編~」を半額で手に入れることができます!

友だち追加

関連記事一覧