menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法

こんにちは!

お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!

さて、今日は、発達心理学から学ぶ
良い結果が出る野球選手育成法を紹介させて頂きます。

これ、今日は
選手育成法として紹介しますけど、

発達心理学なので
「子育てを上手にする方法」を
応用したものなので、
子育てにも応用できますよ!

『ほめる』ということが、
選手育成には大切だということを
ご存知な方はみえるでしょう。

いいプレーをしたら、

「ナイスプレー!」

「ナイスボール!」

と『結果』をほめますよね?

でも、『結果』だけを
ほめてはいけないということが
心理学実験からわかってきてます。

どんな実験結果だったのか?

それは、テストの結果だけをほめられたグループは、
なんとカンニングが増えてしまったそうです(^-^;

これ、子供たちが『結果』だけに
執着してしまったからですね。

ということで『結果』だけをほめるのは、
やめたほうがいいでしょう。

では、どうしたらいいのか?

それは、『行動』をほめることです。

行動(テストの場合は勉強、野球の場合は練習)
をほめてください。

そうすると、いい結果を出すための
行動をしようと選手たちは思い始めるので。

https://rs39.net/c/tr/ctej_1/bl/

瞬達するためには、
どんな行動をほめたらいいのか?

『ほめるより効果が高い方法』がありますが、
これらは今後のメルマガで紹介させて頂きますね!

関連記事

  1. 怪我の時期をプラスに考える

  2. 中学校で軟式野球の学校の部活をするべきか硬式野球チームへ入部する…

  3. 未経験を都合よく利用し、子どもを上達させる方法

  4. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ

  5. 目標設定をすることにより、練習中のこども達の集中力にも大きく違い…

  6. パフォーマンスルーティンで、”気持ちをON”しませんか?

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る