menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【足を速くして捻挫を防ぐ方法】
  2. 誰も知らない大学野球
  3. 【解決法】高校野球ピッチャーの連投問題
  4. メディアが報じない大船渡高校の本当の敗因
  5. 【99%の指導者が知らないウォーミングアップのふたつの目的とは】
  6. 捕球レベルをワンランク上げるコツ
  7. 2019オリックス・バファローズ公式戦ビジターゲーム「親子観戦ペアチケ…
  8. 野球では“この体勢”が最強です!
  9. 「バットの芯ってどこ?」と聞かれたら…
  10. 「バットを鋭く振る体の使い方【末端を動かす】」
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

【小学生を練習に集中させる方法】

こんにちは!

お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!

さて、今日は
「子供の集中が続かない」
悩んでる方にお役に立てる方法を紹介しますね!

「うちの選手、集中力がないんです(^-^;」
と悩んでる方がみえると思います。

が、子供は、
集中力がないのではなく、

集中する(意識を向ける)対象物が、
すぐに変わってしまうだけで
集中力がないということはありません。

このことからわかることは、
子供は、短時間なら集中できるということ。

ということは、ひとつひとつの練習も
短時間にすれば集中できるわけです。

時間の目安は、集中力が切れる直前までです。

バッティング、守備、走塁と練習されてるなら、
1回の練習時間を短くして、

バッティング → 守備 → 走塁
→バッティング → 守備 → 走塁

と、練習してもいいでしょう。

ドンドン練習メニューを
変えてもいいでしょう。

守備練習は、全員が練習するのではなく、
半分の選手はバッティング練習など
他の練習してもいいでしょう。

とにかく、短時間にして、
待ってる時間を減らすことをオススメします。

お子さんを上達のスパイラルへと導く
親子の接し方はコチラ↓

https://rs39.net/c/tr/ctej_1/bl/

関連記事

  1. どのように自分自身をコントロールしていくか

  2. 少しの意識の変化でピッチングフォーム修正は可能です。

  3. 【質問】緊張しないためには、どうすればいいですか?

  4. 打者が打っても安打出来ないボール

  5. 試合で緊張をほぐす極意

  6. 中学校で軟式野球の学校の部活をするべきか硬式野球チームへ入部する…

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. こんにちは!野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!花咲徳栄さんが初戦を勝てませんでした。…
  2. こんにちは、お父さんのための野球教室事務局の長田です。今日は、大学野球についてです。…
  3. こんばんは。お父さんのための野球教室の桜井です。ものすごく暑いのに炎上です。大船…

おすすめ記事

  1. 【足を速くして捻挫を防ぐ方法】
  2. 誰も知らない大学野球
  3. 【解決法】高校野球ピッチャーの連投問題
ページ上部へ戻る